創業60年の名曲喫茶、店主のお気に入りは「シンフォニー6番」。

“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回までのライフ・ストーリーに続いて、店主お気に入りの音楽を紹介していただきました。

新井富美子さん

昭和2年(1927年)7月24日生まれ。東京・国分寺にある名曲喫茶「でんえん」オーナー。

#FAVORITE.01
ベートーヴェン / 田園

新井富美子:主人がクラシックを好きだったので名曲喫茶をやってますけど、私自身はあんまり詳しくないんですよ。本当に(苦笑)。

これがいちばんっていうのは決められないですけど、いくつか好きな曲はありますけどね。たとえば、お店の名前になったベートーヴェンの「田園」。

A2fa92f5835b0d1e2997bdc84a359980f680b66f

新井:お店の名前は主人がつけたんですけど、このベートーヴェンのシンフォニー6番から取ったんですよね。きっと主人が好きな曲だったんでしょうね。

私も、聴くたびにいいなあと思いますね。とてもゆったりしてて。第3楽章なんか、とても良いですよね。すごく静かで、なんていうんですか、風景が連想できるようなところね。  

ーーまさに田園風景が思い浮かぶような。

新井:そうそう。「運命」っていうのも、すごいでしょ?「ジャジャジャジャーン!」って(笑)。ベートーヴェンは、ああいうところがすごいですよね。

ベートーヴェンもいいけど、バッハとかモーツァルトとか、それぞれに良いですよね。だから、この人がいちばんっていうのは決められないですよ。うちのお客様の中ではモーツァルトをリクエストされる方が多いですけど。

音楽はどれもお客様のリクエストでかけているんですよ。そうじゃない時は、いらっしゃるお客様が「こういうの好きじゃないかな?」と思ってかけていますね。自分の趣味でかけてないんですね。やっぱりお客様によろこんでいただきたいですから。

タンゴとかワルツとかルンバとか、そういう音楽も聴きますよ。歌謡曲はあんまり好きじゃないけど、ビートルズは好きです。あと、アメリカのカントリーミュージックも好き。でも、うるさいのは嫌いです。しっとりした曲が好きですね。

(次回につづきます。前回はこちら

Photo by Akihiro Okumura(TABI LABO)
ベートーヴェンのシンフォニー6番(田園)、亡きご主人作のクラシックリスト……“オール・タイム・フェイバリット”について語るおばあちゃん(名曲喫茶「でんえん...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ご...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。60年あまりの歴史を誇るお店には、お客さんのリクエストでクラシックの旋律がゆったりと響きわたり、まるでここだけ時間...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。御年90歳になる店主のおばあちゃんが切り盛りする、半世紀以上も愛され続けている老舗です。前回につづいて、お店のこと...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。生い立...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
朝帰りするときって、疲れているし、ちょっと後悔もあるし、大抵テンションは低め。そんなときに聴いてほしいのがクラシック音楽。聴いた瞬間に、ちょっとだけ気持ち...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
今日も、世界のどこかの「喫茶店」では。
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
徳島県にある四国最古の禅寺、城満寺にて、奉納献花が行われた。海陽町の花材を使って、土地の龍神をモチーフにした石庭を造るという試みに込められた思いとは? 華...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
シアトル、メルボルン、イーストロンドン、世界のコーヒータウンで活躍するバリスタたちが、わざわざ日本から輸入するコーヒードリッパーがあります。創業1921年...