半世紀以上、おばあちゃんが大切にしてきたもの。

“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ご紹介いただいたベートーヴェンの「田園」に続く、おばあちゃんのお気に入りは…?

新井富美子さん

昭和2年(1927年)7月24日生まれ。東京・国分寺の名曲喫茶「でんえん」オーナー。

#FAVORITE.02
亡きご主人作のクラシックリスト

B344cc70b2f1826b8a7d6bec394ba504341adcb9

新井:これは主人が作ったもので、好きなものというか、大切なものですよね。お店には必要なものだし、これがないとお客様のリクエストに応えられませんから。

音大生の方なんかが、よくこれを見にいらっしゃるんですよ。卒論を書くための資料にするんですって。というのは、これはね、例えばベートーヴェンだったら年代も書いてあるわけ。ベートーヴェンとかバッハとかモーツァルトとか、有名な作曲家は全部リストになってます。

これがないとね、私は(レコードを)探せないんですよ。ここに番号が書いてあるから。

F643123f5d18f30d30710e149aba23f99e7bd15a

 ――丹念にびっしり記入されていて、几帳面な性格と音楽への愛情が伝わってくるようです。

新井:専門家とかじゃなくて、ただ好きだったんですよね。主人はいろいろ勉強もしてましたよね。こういう仕事をはじめたからにはね。

今お店に置いてあるのが2冊目(上の写真)で、初代のものもありますよ(と言ってタンスの奥から引っぱり出してくれたのが、こちら)。

A7a3eb049a048920f12796088abfeb91e0f1dbb5D514b008453be54f746f3a26d8433f2b7402ea5a

 ――さらに年季が入ってますね!大切に取ってあるんですね。

新井:そうですね。今年でうちは60年ですから、60年前に作ったものです。これは主人だけじゃなくて、当時のウェイトレスの方とか3、4人で書いていたと思います。

もともとお店にあったレコードは30枚くらいだったんです。今は1,000枚ぐらいありますけどね。それが全部リストになっているから、貴重なものですよね。

(次回につづきます。前回はこちら

Photo by Akihiro Okumura(TABI LABO)
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」、その御年90歳になる店主が登場。前回ま...
ベートーヴェンのシンフォニー6番(田園)、亡きご主人作のクラシックリスト……“オール・タイム・フェイバリット”について語るおばあちゃん(名曲喫茶「でんえん...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。60年あまりの歴史を誇るお店には、お客さんのリクエストでクラシックの旋律がゆったりと響きわたり、まるでここだけ時間...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
朝帰りするときって、疲れているし、ちょっと後悔もあるし、大抵テンションは低め。そんなときに聴いてほしいのがクラシック音楽。聴いた瞬間に、ちょっとだけ気持ち...
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
今日も、世界のどこかの「喫茶店」では。
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
21世紀を生きる若者たちが、自分と同じように悔やまないよう、Chachoさんは自身の祖母をモデルにして「僕のおばあちゃんは決して言わなかったけど、若者たち...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。御年90歳になる店主のおばあちゃんが切り盛りする、半世紀以上も愛され続けている老舗です。前回につづいて、お店のこと...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...