半世紀ぶり、国産小型ジェット機「MRJ」が初フライト!

実用化に向けて開発が進んでいる、環境に配慮した次世代型の小型ジェット機「MRJ」が、ついに2015年11月11日、秋晴れの名古屋の大空を舞った。国産の旅客機としては、じつに53年ぶりのこと。

初フライトを生配信
300万人以上が視聴

三菱航空機株式会社が、2008年から開発を進めてきた「MRJ」。約1時間ほどのテスト飛行を無事に終え、開発拠点のある愛知県県営名古屋空港に戻ってきた。
国産旅客機の開発は、1962年の「YS-11」以来となる。「欧米の下請けに専念してきた、日本の航空産業にとって節目となる」と朝日新聞は、このニュースを大きく取り上げている。

初フライトの模様は、朝8時30分よりUstreamで生中継され、300万人以上が、名古屋空港からのライブ配信映像を視聴。今回の初飛行では、見学スペースは設けられておらず、Ustreamでの視聴を呼びかけていた。
名古屋空港近隣住民が撮影した貴重な写真がこちら。ちなみに、小さな機影は、テスト飛行に随伴した自衛隊機。

“環境にやさしい”
次世代ジェット機


三菱航空機株式会社が満を持して送り込むMRJ。そのプロモーションも積極的だ。特設サイトを開設して、航空機づくりにかける情熱を伝えている。曰く、最新技術を搭載したMRJの特徴のひとつが“環境へのやさしさ”だとか。
炭素繊維素材を主翼や尾翼に用いることで、軽量化。さらに、低燃費を実現し、排出ガスの低減、騒音も大幅にカットした、まさに次世代型の航空機と呼ぶに相応しいスペックを誇る。

同社のリリースによれば、2017年春の納入を目指している。現時点での受注は、日米合わせて400機だが、最終的には2,500機を目指しているという。

 Reference:三菱航空機株式会社 , 朝日新聞
Licensed material used with permission by とんかつ / TONKATZ , イタチ

「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
機内誌を眺めるか、小さなモニターに集中して最新の映画をみるか、もしくはただじっと目を閉じて目的地に到着するのを待つ、とかく空の上は暇を持て余す。そこにここ...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ここは、カリブ海にあるセント・マーチン島マホビーチ。真隣に空港があるので、人々の真上をジャンボジェット機が通っていき、吹き飛ばされるぐらいの風が起こるそう...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
これは、外の様子を眺められる新しいプライベートジェット「The Spike S-512 Supersonic Jet」。飛行機に乗っている時に、空の様子を...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
東京・原宿CASE BにSK-Ⅱがオープンした期間限定ポップアップストア「FUTURE X Smart Store by SK-II」。ここは、店内に一歩...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
米シアトル、ボーイング社の工場で特別仕様にペインティングされたANAの飛行機「R2-D2 ANA JET」が、2015年10月2日、ついに羽田空港に着陸し...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...