スノーボードとクラシック音楽の優雅なマリアージュ

現在、スノーシーズンの真っ只中。今年は、大寒波というニュースに釘付けになっているボーダー諸君も少なくないはず。これからも、かなりの積雪が見込まれるようだ。

さて、一般的にスノボーの動画のバックに流れる曲は、ノリノリなロック。しかしながら、こちらの動画はクラシック。バックカントリーでパウダースノーを優雅に滑る姿と妙にマッチするから不思議。

ゲレンデがガシガシ滑るのとは対称的に、フワフワの雪の上であくまでゆるーく滑るのは、一度やるとハマッてしまうこと間違いなし。この優雅さは大人のスノーボーダーの嗜みと言えるだろう。けど、ツリーランはそれなりのテクニックとコツが要ることもお忘れなく。

と前置きは長くなったけど、とっても心地いいスノーボーディングをご覧あれ。

Reference: Vimeo
スノーボーダーにオススメ!「LEDスノーボードキット」はLEDストラップをボードに装着するだけで、ナイターでも注目を集めるボードに大変身する。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
海外で話題の次世代ウィンタースポーツ「スノーフィート」がついに日本上陸!
まさか、きのこを「優雅」と形容する時が来るなんて。きのこに、ねえ。
7月4日より「ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田」内に期間限定&テイクアウト・デリバリー限定の「ドムドムハンバーガー」がオープン。
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
「SHIBUYA CAST.」の3周年を記念し、建築デザイン事務所「noiz」が手がけた垂直版のスマートシティ構想を視覚化した「SHIBUYA HYPER...
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
「コニカミノルタプラネタリウム天空 in東京スカイツリータウン」の音楽イベント「LIVE in the DARK」。本公演には3度目の出演となるmoumo...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
バイオリンの弓こそ馬の「尻毛」が使われるけど、まさか人間の髪の毛を、それも弓でなく「弦」にしちゃうって…。これがクラシック音楽界の冒涜に値するかどうかの判...
毎年恒例となっている「東京スカイツリータウン」4階の「スカイアリーナ」に本物の氷を使用したアイススケートリンクが来年1月4日〜3月8日までオープン。夜は東...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。