「進歩が必要だとしたら、それは人間の精神力だ」。92歳のエッセイがグサっとくる

いま、小説家 佐藤愛子さんのエッセイ『九十歳。何がめでたい』が注目されています。執筆時の年齢は92歳。彼女が綴る文章は、辛辣な表現がありながらも人生を真っ当に生きるための教訓が刻まれており「笑った!」「とにかく痛快」などの声が出版社に寄せられているそうです。

人生の酸いも甘いも知り尽くした彼女の意見は、読む人によっては、怒りを覚えることもあるかもしれません。しかし彼女の言葉をよーく見てください。日本とそこで生きる人々の営みを大切に思う「優しい気持ち」が溢れていますから。

私たちの生活は
もう十分に向上した

Db8f06ee3a1fa3d0513492d6beec8f181c8987bc

技術の進歩が進み、日に日に便利なモノが日常に溢れるようになりました。いまある便利な道具も、数年後には、さらに進化しているでしょう。

佐藤さんは、そんな刻々と便利になっていく時代をつぶさに見て生きてきた人のひとり。しかし、どうも便利すぎる世の中が性に合わないようです。

先日乗車したタクシーにて、高齢の運転手さんとスマホについての話になり、話題が尽きなかったのだとか。運転手さんと佐藤さんは

「調べたり考えたりしなくても、すぐに答えが出てくるスマホがこれ以上進化すると、日本人はダメになる…日本人総アホ時代が来る!」

と、意見が一致したそうです。

「進歩というものは人間の暮らしの向上、ひいては人間性の向上のために必要なものであるべきと私は考える。我々の生活はもう十分に向上した」

進歩が必要だとしたら
それは人間の「精神力」

56d300892b0d524ea19ab6675e0276195064b23b

日に日に生活が豊かになるなかで「もっと快適に」「もっと便利に」と、欲望は強くなるばかり。生まれた時からスマホや携帯電話がある人たちは、外で連絡が取れることや、わからないことを調べて答えまで出してくれる便利さをありがたいとは感じにくいのかもしれません。当たり前にあるのだから、感謝できないのは仕方のないこと。

例えば、スマホが故障したらメーカーにクレームの電話をします。「どうしてくれるんだ! 連絡がとれないじゃないか」と。そういう方々に「昔の人はね」と諭しても「バカか?」と言い返されるだけです。

そんな現状について、佐藤さんはこう言います。

「文明の進歩は我々の暮らしを豊かにしたかもしれないが、それと引き換えに、かつて我々の中にあった謙虚さや感謝、我慢などの精神力を磨滅させていく。もう進歩はこのへんでいい。更に文明を進歩させる必要はない。進歩が必要だとしたら、それは人間の精神力である。私はそう思う」

これは、私たちがいつからか忘れてしまった気持ちを目覚めさせてくれる、92歳の本音ではないでしょうか。世の中が便利になっていくことは否定しないながらも、俯瞰する目を持って、のめり込みすぎないように、というメッセージなのでしょう。

今年11月に93歳を迎えた小説家・佐藤愛子さん。彼女のエッセイ『九十歳。何がめでたい』は、これまで数々の困難を乗り越えてきたからこそ見える視点で、バッサバ...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
よみがえってくるのは。
31歳ではじめてお見合いした話のvol.4はついに最終回。お見合い当日、現れたお相手の胸にはポシェットがかかっていた。お見合いヴァージン喪失、衝撃の結末とは…。
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
「Elite Daily」では、当たり前になっているけど感謝をしなければいけない6つのことを紹介しています。少しでも人生を良くしたいなら、身の回りのことか...
東京は国分寺にある名曲喫茶「でんえん」。60年あまりの歴史を誇るお店には、お客さんのリクエストでクラシックの旋律がゆったりと響きわたり、まるでここだけ時間...
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
大学も卒業し、社会人経験も豊富になってきた29歳。さまざまなことを経験し、生きていくうでの知恵も身についているはずです。「Jordan Gray Cons...
25歳は大人のターニングポイントで、今までの自分を振り返り、今後の自分を想像し悩む年齢。そこでミレニアル世代に人気なサイト「Elite Daily」で、2...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
「今日が人生最高の日。不可能なんて何もないって毎朝思うのよ」。彼女が頻繁に口にするのがこの言葉。今年で98歳。世界最高齢のヨガインストラクターとして現在も...
時代が移ろいゆくにつれて、どんどん便利になる世の中。たとえば、発達する医療。そのおかげでわたしたちは、長生きができるようになりました。現在の日本人の平均寿...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...
31歳にしてヴァージン失いました。いい年して今さら。だって結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一度シテみたかったの。とい...