106歳。おばあちゃんの「料理チャンネル」には、人生のすべてが詰まっている。

人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に暮らす106歳のMastanammaおばあちゃん。チャンネルが創設されてから約1年、中には約900万回再生された動画も!

いまや、その人気はインド国内だけではなく、アメリカやイギリス、ブラジル、フィリピンなど世界へ広がっています。

そもそものキッカケはこう。

ある日、彼女の孫Laxmanが友人であるSrinathを連れて帰省しました。喜んだおばあちゃんは、2人にたくさんの料理を振る舞ったそうです。その味に感動したSrinathは、料理をしているところをビデオに撮り、YouTubeにアップロード。動画が300万回再生されたことに自信を得た2人は、本格的にチャンネルを運営することに。

おばあちゃんは5人の子を産んだそうですが、最後の子を産んで間も無くパートナーは先立ってしまったと動画で説明しています。さらに、4人の子どもが、彼女よりも先に亡くなってしまったとも。だけど、どんなに辛いことがあっても、料理だけは続けてきたんだとか。

たくさんの想いが詰まった彼女の料理、100以上の動画の中から一部を紹介します。

たくさんの経験から
導き出された料理方法

中身をくり抜いたココナッツに、スパイスを和えた鶏肉を詰め込み、小麦粉で作られた生地でフタをして、蒸し焼きに。

こちらは中身をくり抜いたトマトに卵を入れ、トマトソースの中で煮込みます。

動画の最後は
みんなで「いただきます!」

彼女は他人に料理を振舞うのが大好き。自分の知り合いだけでなく、近くを通りかかった子どもやお年寄りも、食事の席に呼ぶことがあるそう。

料理方法だけでなく、彼女の想いや考え方が伝わってくるYouTubeチャンネル。世界40万人以上の人々が登録しています。

Licensed material used with permission by Country Foods

関連する記事

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
新感覚のスパイス使いでこれまでのインド料理の概念を覆すモダンインディアンキュイジーヌ「SPICE LAB TOKYO(スパイスラボ TO...
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
21世紀を生きる若者たちが、自分と同じように悔やまないよう、Chachoさんは自身の祖母をモデルにして「僕のおばあちゃんは決して言わなかったけど、若者たち...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。