イグアナを食らう。カリブ海の小島の家庭料理は豪快!

いつだってあったかくて、やさしい、おばあちゃんの手料理。家族をひとつにするその味わい、世界の国々にはどんな“忘れ時の味”があるのでしょう。

50カ国の台所から、おばあちゃんの料理を伝えるガブリエーレ・ガリンベルディ(フォトグラファー)によるプロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さな島の家庭料理なんですが……これ、インパクトありすぎ(笑)。

【ケイマン諸島】
マリア・ルズ・フェドリック(53歳)

20d67bea198d67aa23185b8a9a60b6d5870be360

マリアおばあちゃんは、53年前ホンジュラスのカリブ海に浮かぶ小さな島で生まれました。まだ幼いころからレストランで働き始めた彼女。

初めての仕事は12歳の時、小さなカフェでフライドチキンを運んでいたそうです。16歳の時には魚料理のレストランで働きはじめ、20歳になったとき、自分のレストランを持ちたいと心に決めたそうです。「いつだって食べに来る人で溢れかえっていた。私のレストランは、大成功したんです」と、懐かしそうにマリアおばあちゃん。

30歳になった時、ケイマン諸島の男性と出会いました。恋に落ちた2人はすぐに結婚し、彼女は店を閉めて彼と一緒に引っ越しました。

イグアナのグリル、フライドバナナ添え

C6a366c82d5bd2b1d5474fe5d55da96baee169d5

ケイマン諸島のジョージタウンへと移り住んで23年、イタリアンレストランでたまに皿洗いのアルバイトをすることもあるそうです。2人の子供は成人し、小さな孫が2人。そんな孫たちのため、マリアは故郷の味「ホンジュラン・イグアナ」をつくります。

Licensed material used with permission by Gabriele Galimberti
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
独断と偏見でピックアップしました。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
地方の自然、環境、風土などの条件下で育まれてきた、知恵の集積である「郷土料理」。地方の過疎化に伴い、代々受け継がれてきた味は全国各地で消えつつある。そんな...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
せんべい汁は青森県八戸市を中心に、青森県南〜岩手県北周辺で食べられてきた郷土料理。鍋専用の南部せんべいを鍋の中に割り入れて煮込むと、美味しい出汁がしみ込ん...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...