「材料だけ聞いたら怖い?」おばあちゃん自慢の味は、やさしかった。

いつだってあったかくて、やさしい、おばあちゃんの手料理。家族をひとつにするその味わい、世界の国々にはどんな“忘れ時の味”があるのでしょう。

50カ国の台所から、おばあちゃんの料理を伝えるガブリエーレ・ガリンベルディ(フォトグラファー)によるプロジェクト「In Her Kitchen」。第9回は、マドリードの家庭の味。

【スペイン】
カルミーナおばあちゃん

子羊の内臓とトマトのリゾット

「もしかしたら、このレシピの材料だけで誰かを怖がらせたり、感性に訴えかけてしまうかもしれない。それでもマドリード近辺の家庭料理のおいしさには、きっと驚くはずよ」。と、カルミーナおばあちゃん(73歳)が得意料理を披露してくれました。

Licensed material used with permission by Gabriele Galimberti
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...