旅行先の晩ごはんに、地元のおばあちゃんの手料理という選択肢

せっかく旅行に行くなら、その土地ならではのものが食べたい。スマホで「(土地の名前)+おすすめ+居酒屋」と調べたことがある人は、きっとたくさんいるはずだ。そして同時に、その検索結果をいまいち信じきれないまま、もう疲れたしお腹も空いてきたし「まあ、ここでいっか…」と折り合いをつけたことがある人も。

私自身も、数え切れないほどそういう経験をしてきた。だから、先日渋谷にオープンした「100BANCH」でこのプロジェクトを知った時は、ただただ興奮した。それは…。

現地のおばあちゃんの
手料理を食べられる

認定NPO法人共存の森ネットワークの理事を務める、工藤大貴さんによるプロジェクト、その名も「Re:recipe」。郷土料理を取材してアーカイブを作り、これからの食文化や消費システムについて考えるプロジェクトだ。その一環として企画されているのが民食サービスというわけだ。

まだサービスは始まっていないが、現時点で構想されているシステムはいたってシンプル。まずは「Re:recipe」のWebサイトから民食を予約。当日は自治体による送迎サービスを利用できるので、1時間に1本だけの路線バスを待ったりしなくていい。おばあちゃんの家に着いたら、あとはおばあちゃんと楽しく会話しながら、おいしい郷土料理を楽しむだけだ。

郷土料理を楽しみながら
未来に残していくために

Re:recipe」プロジェクトでは、この民食サービスのシステムを構築しながら、郷土料理のレシピと歴史をオープンソース化していくという。今は9月のウェブサイトのローンチに向けて、絶賛取材期間中とのこと。

79337d6b570a6c9bbca94e25f72f079c2e3d3710

こちらは、宮崎県高千穂町の高藤美津子さん。

1d3247f0ba325763383fe9b4cbd29dc2128e033e

神楽などの行事で作るという「煮しめ」を盛り付けているところ。豪華!

今夏は、秋田県にかほ市高知県土佐町と取材を続けていくそうだ。

料理上手な田舎のおばあちゃんの家が三ツ星レストランになるかもしれない、民食サービス。旅行先の「食」が今よりもっと楽しくなって、郷土料理を未来へ残すサポートもできるーーそんな日がくるのも近いかもしれない。

Licensed material used with permission by 認定NPO法人共存の森ネットワーク
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...