ハンバーグの「肉汁流出問題」にキラリ光明

よくテレビの料理番組の演出で、焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。観ているだけでもお腹が鳴り出す瞬間です。

あの肉汁たっぷりハンバーグを自宅で再現したい。ある食材を使って、たったひと手間加えるだけで、あのジュワ〜を試してみませんか?

小麦粉で表面をコーティング

©iStock.com/tataks

焼いているあいだに肉汁が流出してしまい、なかなか理想通りにはいかない。そんなときは、成形したハンバーグに小麦粉をまぶしてみて。肉汁の流出を防ぐため、表面を小麦粉でコーティングするというわけです。

これだけで、あの夢のような断面ショーが自宅でも再現できるはず!おいしい瞬間を。

Top image: © sasaken/Shutterstock.com
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
ミートボールに代表されるように、ひき肉を使った料理が多いデンマーク。なかでもボリューム満点で、日本人にも親しみやすいガッツリ系のメニューを紹介しましょう。...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
4ヵ月限定で渋谷区神泉に登場した「ツカノマノフードコート」の“ネオ料理人”を特集。彼らが生み出す型破りで自由そしてなにより美味しい料理を見逃すべからず!
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
日ごろの疲れを癒すように、体を気遣った料理を朝から食べられたなら。それこそ充実した1日の始まりに欠かせないのが、こんな朝ごはんです。そこで、いつもとはちょ...
「Fxxking Rabitts(#FR2)」の新たなプロジェクト「メニュー女子」は、女の子と料理をからめた写真集。8月7日〜8月19日に実施される「WI...