あふれる肉汁まで再現!植物から作った「Green小籠包」

フードテックベンチャー「グリーンカルチャー」より、植物肉「Green Meat」を使用した「Green小籠包」が発表された。

ホカホカと湯気をまとって登場し、割ってみると旨味が凝縮した肉汁がジュルジュルと溢れ出る──。

小籠包の醍醐味ともいえるこの魅力を植物肉で再現した「Green小籠包」は、食べ応えはもちろん、最後の一口までジューシーでおいしさ満天。

しかも、通常の小籠包よりもヘルシーで罪悪感も少ないときたら、まさに通常の小籠包と植物肉、それぞれのイイトコ取りをした商品といえるだろう。

調理方法は「蒸し」「焼き」「レンジ」のいずれにも対応。本格的な小籠包を楽しみたいなら「蒸し」を、仕事の合間のちょっとした間食なら「レンジ」などといった具合にお好みでどうぞ。

肉の旨味を感じられ、なおかつヘルシーに仕上げられた植物性の「小籠包」。

商品の購入はコチラから。

「Green 小籠包」蒸し調理イメージ
©グリーンカルチャー株式会社
「Green 小籠包」のビジュアルイメージ
©グリーンカルチャー株式会社
Top image: © グリーンカルチャー株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

創業21年目を迎えた横浜中華街の名店「招福門」。自宅でも楽しめる「小籠包セット」を蒸籠(せいろ)とともに販売開始。
ラーメンチェーン店「麺屋武蔵」から、植物肉でできた角煮を使用した、プラントベースのラーメンが誕生。
健康志向の高まりとともに注目を集めている「プラントベース」。ベジタリアンやヴィーガンとの違いやプラントベースのメリットなどについても解説していきます。
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
本日2月1日から、「一風堂」が植物由来の食材で作るラーメンを期間限定で販売。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
「DAIZ」が開発した植物肉「ミラクルミート」を使用した、初の100%植物性の佐世保バーガー「Y's V Burger」が登場。
女性が1食に必要な31種類の栄養素をたっぷり配合した完全栄養プロテイン「KOREDAKE」が、サステイナブルなプロテインを目指し、100%プラントベースに...
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
「イケア」はプラントベースフードの新メニューを販売。大豆などを使ったカツをのせたカレーや、肉にそっくりな野菜由来のケバブを入れたサラダ、さらには乳製品を使...
「Allbirds」が100%植物由来の「プラントレザー」を開発。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
「CALPIS」ブランドより新商品。乳製品を一切使用せず、豆乳を発酵した植物由来の「GREEN CALPIS」が登場。コレステロールゼロ、1本あたりのカロ...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
「ペプシ(コーラ)」で知られる世界的食品・飲料メーカー「PepsiCo」が、植物性疑似肉の代表企業の一つ「Beyond Meat」と提携し、ジョイントベン...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
来秋発売の「Forever Floatride GROW」は、「Reebok」が誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニン...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!