米・男性ライターが実体験で語る。「人生に悩んでいるとき訪れたい国」5選

「なんとなく当たり前の毎日を送っているけど、人生の次のステージへ進むためには何をすればいいのかわからない…」。そんな時期は誰にでもあります。そういう時こそ、異国の地でリフレッシュすると、今まで気づかなかった、自分のやりたいことが見えてくるかもしれません。

Elite Daily」の男性ライターMatt Priorさんは、彼自身が訪れた国の中から、オススメの国5つを紹介しています。

01.
タイ

B5adc9112d587e064736a1ccf8a2a6c2fe74d902

物価も安いし、とても過ごしやすい国。そして何と言っても、青い空、青い海に触れているととても気分が落ち着いてくる。タオ島やピーピー島などに行くとさらに自然を楽しめるから、アウトドア派にはオススメの旅行先だと思うよ。

食べ物もおいしいし、とくに乾季は星空が最高だ。雨季だって、滝や熱帯林を見に行ったり、地元の文化に触れたりして楽しむことができる。確かに蒸し暑いけれど、地元の人とのんびり過ごせていいところだよ。

02.
ウルグアイ

71f0d93bfd5e5cbaaf392db7bd3eabd30cd71378

最近南米で人気の旅行先といえば、ウルグアイ。南米と地元のガウチョ文化が融合したライフスタイルには、多くの人が興味をそそられるだろうね。かつてスペインの植民地だったから、ヨーロッパテイストの建物を見学するのも面白い。大西洋沿岸には素晴らしいビーチが広がっているし、年中いろんなフェスティバルが開かれているのも魅力的。

僕の一番のオススメは、カボ・ポロニオ島へ釣りに行くこと。自然と共に暮らしている地元の人の生活を体験できるし、運が良ければペンギンやアシカ、クジラが見られるチャンスもある。

03.
チェコ共和国

Ee09594def4c7b66f28dc6398dbbb5eb09cc509b

この国は、一度でいいからぜひ訪れてほしい。国そのものが、まるでおとぎ話の世界のように美しいんだ。首都プラハは丸石で舗装された道と素晴らしい建築物で有名だし、思わず写真を撮る手が止まらなくなってしまうだろうね。安くておいしいビールがたくさん飲めて、モダンアートや歴史的な建物もたくさんあるから、まず飽きることがない。

チェコの良さは本当にここには書ききれないから、ぜひ自分の目で見て確かめてほしいんだ。一年中、いつ行っても満足のいく旅行になるはずだよ。

04.
ドイツ

A662678b846db62fb6b4f195ba75c5e877d1f915

チェコからドイツへは、電車ですぐなんだ。移動の間も、ドイツの田舎町から都会まで様々な景色が楽しめる。ドイツは、エコツーリズムと環境に配慮したライフスタイルが印象に残っているよ。彼らが大切にしている雄大な自然は、いつ見ても圧巻。冬だったら、ジャーマン・アルプスをスキーで滑るのもいいかもね。

首都のベルリンは安全だし、比較的すぐに馴染める場所。他の街も見所はいっぱいあるんだけど、個人的にはミュンヘンのオクトーバーフェスが最高だね!

05.
インド

E0fe8257f8542be1f739023d2f7ac8b1d09c208f

未知なる体験をする準備ができているなら、まずインドへ行こう。この国では、様々な文化と、路面で繰り広げられるカオスな光景に目を見張ることになる。まさに富と貧困が隣り合わせにある、とても不思議で魅力的な国だ。

アロマの香りに包まれた街で、フレンドリーな人々に出会えるのも楽しい。食べ物はどれもすごくおいしいから、地元のレストランで食べてみることをオススメするよ。もちろんタージマハルは荘厳で美しいし、ガンジス川のスピリチュアルな雰囲気にも息を飲むだろうね。本場のヨガを体験して、内なる声に耳を傾けるのもいいと思うよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
「郷に入れば郷に従え」という言葉があるけれど、実際自分が住む国以外の常識って知らないものです。「Things in Squares」はポップなイラストで、...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...