人々の「想い出のなか」にそ〜っと留まる鳥たち

家族あるいは友人たちとの想い出のなかに入り込む、大きなカラダの鳥たち。写真にうつる人々の大切な記憶を、少しだけユーモラスに変えるのは、アーティストAnja Wülfingさん。

想い出の場面に「新たな物語」が加わりました。

ずっと前から、
そこにいたかのように。

古いアルバムをめくれば、懐かしき記憶のほかに、時の記憶からはがれ落ちた別世界の出来事のような場面に目が止まることがあります。どこか脳裏にひっかかる、それもたしかに自分の過去──。

巨大な鳥たちの写真は、こんな感覚を思い出させてくれました。Anjaさんの作品は、HPから見ることができ、購入も可能です。

Licensed material used with permission by Anja Wülfing
他の記事を見る
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
ボツワナの都市ではなく、郊外に暮らす人々のライフスタイルにフォーカスするフォトグラファーLetso Leipegoさんの写真を紹介。
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
イタリア人画家Marco Grassiさんの描く油画は天才的。毛穴のひとつひとつ、髪の毛やしわの一本一本まで精密に描く様子は写真と見紛い、ゾッとするほど。...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...