様々な国の「家めし」を食べることは、世界とつながる手段だ!

世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つながり」を感じることができる。そのひとつが、料理だ。

ぜいたくなフランス料理とか、豪華な中華料理じゃなくてもいい。フランス人が自宅で食べてるような気軽な料理、中国人がみんなでテーブルを囲んで楽しんでるような料理。そういう家めしこそが、実はいちばん、海外の暮らしを鮮やかに感じられる料理なのだ。

外国料理っていうと、見たこともないようなスパイスや食材を使っていて、つくるのが難しいというイメージがある。でも現実には、そんなことはない。日本の普通のスーパーで売ってるような食材で、フランス料理もイタリア料理も南米料理も東南アジア料理も、たいていの国の家めしは手軽につくれてしまう。そもそも、いまの日本の普通のスーパーは、信じられないぐらい多様な食材であふれてる。

もちろん、海外に行けば、日本では見たこともないようなおもしろい食材や調理器具もある。「へーっ」ってびっくりするようなレシピもある。そういう異国情緒たっぷりなものを買ってきて、あれこれ試してみるのも料理の楽しみだ。

家めしで、外国の料理を作ろう。そして、味覚と嗅覚でたっぷり外国を味わい、世界とつながろう。

 

【特集記事】

【その手があったか!】「穴空きバターナイフ」が起こす朝食の革命!

【動画】海外式、スイカの「正しい切り方」が斬新で、食べやすい!

【保存版】超簡単につくれる中国の家めし「中華風焼きそば」ー佐々木俊尚

【保存版】ペルーの家めし「セビーチェ」の簡単な作りかたー佐々木 俊尚

【保存版】タイの家で食べられるような「タイ風サラダ」が辛くてウマい!

【保存版】トルコの「きゅうりサラダ」が簡単で美味しい!

【動画】数学者が考えたホールケーキの正しい切り分け方が斬新!

【最先端】エル・ブジでも採用!自宅で使える「真空調理法の鍋」がスゴイ

【保存版】アルジェリアの道ばたから。「羊肉の煮込み、クスクス添え」のつくり方ー佐々木俊尚

宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
一回食べきりのちょうどいい量がうれしい。