パスタの代わりに、ご飯で作る「めしボナーラ」が激ウマ・・・

これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず。しっかり半熟ぽったり感を楽しめるみたい。

パスタを超越した美味さ!
「めしボナーラ」

「ホントはこういうのが一番ウマいんだよねぇ」と唸らせる、シンプルで簡単な料理をブログで発信しているのは、“料理勉強家”のヤスナリオさん。思わず、食べる前から「ウマい!」と言ってしまいそうな一品がこちら。作り方も超絶カンタン。ただひとつのポイントだけ、しっかり抑えて作ってみて!

玉ねぎ、ベーコン、卵、チーズ
冷蔵庫の余りものでできる!

<材料(1人分)>
ごはん:200g、卵:1個、玉ねぎ:1/4個、ベーコンスライス:1枚、粉チーズ:大さじ2、サラダ油:大さじ1、黒粗挽きコショウ:適量

玉ねぎをみじん切り、ベーコンは1センチ角に切っておく。ボウルに卵を割り、よくといた中に粉チーズを投入し混ぜ合わせる。熱したフライパンにサラダ油を入れ、玉ねぎ、ベーコンから炒めていく。ご飯と卵ソースを加え、混ぜながら半熟になるまで炒める。器に盛り付け、黒粗挽きコショウと粉チーズをふりかけてできあがり。

ポイントは、カルボナーラ独特の卵の“半熟感”。チャーハンじゃないので、くれぐれも炒め過ぎにはご注意を。「リゾット」の仕上がりをイメージしながら作っていくといいかも!

Licensed material used with permission by ヤスナリオ
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
世界11ヵ国で販売されているライスパスタ「PERFECT EARTH」が日本上陸。
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...