自宅でお店並みのウマいモツ鍋ができる!簡単な下処理だけで一気にレベルUP

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

ちょっと前までは、モツ鍋はお店で食べるものというイメージがありました。が、最近はスーパーやお肉屋で手軽にモツが手に入ります。となると、やっぱり大定番のモツ鍋にチャレンジしたいところ。ただ、「やっぱりお店のようにおいしく作るのは大変そう……」と、その一歩が踏み出せない人も多いのでは?

実は、身近なあの食材がモツの下処理の救世主になっちゃうんです。それは片栗粉。下処理の定番ですが、モツでも有効です。きちんと下処理すれば、お金をかけなくても、臭みのないお店の味さながらの本格的なモツ鍋を楽しめますよ!

手間もお金もかけずに、家呑みやホームパーティなどの自宅時間を充実させましょう。

モツのおいしさを引き出す
片栗粉パワーに注目!

94967467

手順はカンタン。モツの全体に片栗粉をまぶした後、しっかりと洗い流すだけ。片栗粉とともにヒダの中の汚れや独特な臭みが取り除かれて、モツ本来のおいしさを引き出してくれます。

ちなみに、片栗粉がない時は、小麦粉でも代用OK! あとはモツ鍋に入れたり、お湯でゆでて酢モツにしたりと、自由に料理に使うだけです。

片栗粉の下処理は、
牡蠣やエビでも同じ!

246764158

モツ同様、片栗粉の下処理は「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣など、そのほかのエビなどの魚介類にも使えます。たとえば牡蠣の場合、片栗粉や塩とともにやさしく混ぜ合わせてから水でしっかりと洗い流せば、汚れや生臭さをカット!

あとはキッチンペーパーで水気を切れば完了です。たったこれだけでバッチリ。さらにゆでた牡蠣は、氷水につけるとムニエルなどの料理しても、片栗粉がコーティングしてくれるから縮むことなくぷっくりとした食感が楽しめます。

ほんのひと手間で完了する、片栗粉を使った下処理。これさえ習得しておけば、面倒くさいと思っていた料理も自慢のレパートリーに! レシピの幅がグンと広がりますね。

群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
暖冬と言われるこの冬。ですが、それでもこの鍋がそろそろ恋しくなる頃ですよね。冬ごもりのホームパーティーに欠かせないのが、ピェンロー鍋。くたくたに煮えた白菜...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
「ええっ、ハワイで鍋?」なんて驚いてしまう人たちは、ハワイ通とは言えません。実はここ数年、常夏のハワイで鍋が大ブーム。その火付け役ともなった「Sweet ...
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
一回食べきりのちょうどいい量がうれしい。
遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。移動する彼らにと...
まだまだ寒い日が続く今日この頃。夕食に出てくる鍋の“安定感”は、依然として健在です。ただし、近頃Instagramを賑わせている鍋のビジュアルは、普通のそ...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
アヒージョとは、スペインの小皿料理でイタリアのペペロンチーノと味つけはだいたい同じ。ワインのつまみとして最高です。バゲットもお忘れなく熱々をめしあがれ!<...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。