真夏の寄せ鍋は「つけダレ」にこだわる

マレーシアで愛される「スチームボート」を知っていますか?蒸気船は英語でSteam ship、でもこちらは船でもボートでもありません。真ん中から煙突のようにシュッシュと湯気をあげる特製鍋を使って食べる鍋料理のこと。

「つけダレ」で楽しむ
スチームボート

鶏ガラ出汁や海鮮の出汁が一般的で、そこにお肉、魚、野菜の具を煮込んでいく、いわゆる寄せ鍋スタイル。これをチリソースやニンニク醤油などの特製ダレにつけて食します。

どんな具材でも合うには合う。けれどなかでもオススメの組み合わせをご紹介。真夏でも冷房をガンガンに効かせてアツアツ鍋で盛り上ろう!

©iStock.com/Tharakorn

チリソースには「タラ」

淡白な魚ながら、冬場にかけて脂がのっておいしくなるタラ。チリソース文化圏においても白身魚をよく食べるせいか、チリソースとの相性もぴったり。脂の旨味に、甘さとピリッとした小気味良い辛さが味を引き締めてくれます。

こちらも相性バッチリ「豆腐」

湯豆腐のようにアツアツの豆腐のうえにチリソースをひとたらし。豆腐と辛みの強い食材との相性の良さは、キムチチゲなどが証明済みですよね。ぺったり舌の上に残る甘さが大豆の香りと合わさることで、豆腐の持ち味が引き立つはず。厚揚げでもおいしくいただけます。

©oatpost/Shutterstock.com

ニンニク醤油には「つみれ」

あっさりさっぱり系のつみれの味わいは、ニンニクの辛みが加わると、どこまでも箸が進む病みつきの旨さ。魚介の臭みをニンニクが消し去ってくれるので、魚介類がニガテという人でもばっちりです。

つみれの他にも、はんぺんやちくわなど、練りものともよく合います。

鍋のうま味&ニンニク風味で食す「白菜」

出汁のうま味をよく吸ってくれる鍋野菜といったら白菜。これもニンニク醤油との相性でいったら最上級です。シャキシャキの食感に白菜の甘みが、食欲が増す香りと合わさることで、お酒のお供としても優秀な具材へと変化します。

Top image: © enrouteksm/Shutterstock.com
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
他の記事を見る
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
とくに夏は冷蔵庫に常備しておきたい「シソ」。お刺身に添えたり、刻んで薬味にしたり、あの独特の清涼感が味を引き締めてくれますよね。そんなシソでつくる「万能ダ...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
「ええっ、ハワイで鍋?」なんて驚いてしまう人たちは、ハワイ通とは言えません。実はここ数年、常夏のハワイで鍋が大ブーム。その火付け役ともなった「Sweet ...
UAE(アラブ首長国連邦)の生産者が、ジープで砂漠まで行き、集めた砂を使って作られたコーヒーカップ。フォルムは変わりゆく砂丘をイメージ。大切な人にこそプレ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
「やば、お鍋焦げ付かせちゃった!」なんてことにならないために、これからの料理には3本目の腕が手放せなくなりそうです。
マレーシアのペナン・ジョージタウンにある高層ビル「コムタ」。ここで紹介するのは65階部分でおこなわれている、自信を超えるというのをコンセプトにした6つのア...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...