市販の袋入り焼きそばを「パリパリ」に仕上げる、ポイントはこれ!

スーパーで売っている袋入り焼きそば。裏面の作り方を見ると、「フライパンで麺を炒め、水を加えてほぐす」なんて書いてあります。でもこのやり方だと、麺がぐにゅぐにゅになってしまって絶対美味しくありません。
騙されたと思って、差し水をせずに作ってみましょう。

鉄板のルール①
「麺だけ先に焼いておく」

パリパリ焼きそば のコピー

<材料>市販の袋入り焼きそば、キャベツ、小松菜、にんじん、ねぎ

鉄壁のルール②
「麺にさし水はしない」

テフロン加工のフライパンを使い、先に麺だけを油をひかずに加熱しほぐしておきます。これが鉄壁のルール。差し水は絶対にNGです。麺はいったん皿に出しておきます。

続いて、フライパンに油をひいて、千切りにした野菜をさっと炒めます。野菜はすべて太めの千切りにしておけば短時間で、しかも均一に火が通るので、シャキッと歯ごたえのある食感に。麺を投入したら、添付のソースをかけ、全体をからめて完成です。ぜひ一度お試しあれ!

新・家めしスタイル
コンテンツ提供元:佐々木 俊尚
Photo by : 内田紘倫

華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
スーパーでよく見かける、3袋1セットの焼きそば麺。たくさん買いすぎて飽きてしまったり、微妙に1袋だけ余ってしまうこと、ありますよね。じつはあの焼きそば麺で...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
茹でてクタクタになった素麺が激変!
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
海苔はあまり長く保存しておくと、湿気ってしまいます。そこで、このアイデア。
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
BBQシーンで食す焼きそば。美味しくつくるため押さえておきたいポイントがありました。
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...