ヴィーガンフードクリエイター「iinaさん」の料理が、五感に刺さる。

菜食主義[さいしょくしゅぎ]
宗教上、道徳上、もしくは環境保護思想や健康上の理由により、植物性食品のみの食生活のこと。

ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身につけることさえ拒むという厳格なヴィーガンもいる。ここでは「菜食料理家」としてワンアンドオンリーな活躍を見せるフードクリエーター、iinaさんに迫る。

例えば、この「担々麺」

この写真、コクのあるスープにパンチのある肉味噌、そしてピリ辛感がたまらない、そう、ご存知担々麺。

「男性的」とでもいうのだろうか。いわゆるがっつり系。頭ではわかっていても、これがヴィーガンでさえ食べられる植物性オンリーとは。信じがたいほど、あの担々麺だ。(この驚きが、写真と文字だけで伝わることを祈る)

まずはおいしいこと。
それはもうぜったい

普段は都内のスタジオで菜食クラスのレッスンや食事会の主宰をするほか、レシピ本3冊、さらに雑誌などでフードスタイリストとして活躍するiinaさんの料理は、すべて植物性のみ。

つまり肉も魚も乳製品も、さらには食品添加物や白砂糖も使わず、それでいて食べた人が唸るほどおいしい料理を作り出す。

「植物性の食材だけを使うという自分のルールの中で、どれほどおいしく作れるか。なによりもおいしいことが一番大切」

というiinaさん。

日頃からどのように「本物の味」を理解するか、どうやって「本物」を超えるおいしさを生み出すかを考えていると語る彼女の表情は、情熱や真面目さに加え、研究者の雰囲気すら感じさせた。

愚問かもしれないと思いつつも、それほどまでに植物性とおいしさにこだわる理由を聞いてみると「野菜が好きで、おいしいものが好きだからです」とのこと。洗練されたフードクリエイターの素顔は、女性でも惹かれずにはいられないほどチャーミングだ。

おいしさ、食感、見た目
の三拍子

そしてなんといっても、彼女の料理は再現性が高い。おいしさは当たり前でも、食感や見た目までもが再現されている。

みんな大好きエビ天

念のため書くと、これはエビ天ではなく、こんにゃくがベース。しかし見事なまでにエビの食感。

男子も喜ぶ
ガッツリ系の代名詞「カルビ丼」

こちらは、車麩をつかった「カルビ牛丼」MODOKI。

食後の別腹は
チョコブラウニー

クリームだって植物性のみ。もちろんブラウニーに卵も使用していない。

限られたルールの中で
最大限に可能性を高めるだけ

彼女の料理はどれも「作品」とも呼べそうなほどのクオリティだ。そして不思議なことに、食べていると一種のインスピレーションに近い感覚を受ける。それだけ作り手の思いが込められているということなのだろうか。

もうひとつ驚くことは、彼女の場合「試食を繰り返す」ことがほとんどない。本物をそれはそれは観察し、観察しまくってから頭の中でレシピを完成させ、大抵の場合は1回で思っていた通りの味を作り出す。

その時のルールは「植物性オンリー」という1点のみ。

「そのマイルールの範囲内で、最大限に自分の可能性を高めるだけ」と聞いたとき、当初に感じた研究者の気質に加え、アーティスト的な「魅せるセンス」が感じられた。

自分のハートに従って食べたいものを選び、
淡々と、素材のポテンシャルを高める「魅せる」料理をつくる。

自らの体を作る食べ物が、どんな食材であってほしいか。
そこを見つめ直すと見えてくる自分がいるかもしれない。
日々いろんなことがある社会の中で、今日の食事は自分を魅了するものだっただろうか。

iinaさんを見て、もしあなたがそんなふうに感じたのなら、明日はいつもと少し違う「食」を楽しんでみてはどうだろう。

Licensed material used with permission by iina_veganfoodcreator

関連する記事

韓国の国防省が、来月から菜食主義者とイスラム教徒のために肉とハムを除いたヴィーガン食の提供を開始すると発表。2月からは、兵役判定検査の際に菜食主義者である...
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
いま、スペインで飛ぶように売れている、肉なし「ハモン・セラーノ」。スペインのスタートアップ企業「Rollito Vegano」が、ヴィーガン仕様の生ハム「...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
ヴィーガンをはじめオリエンタルベジ、グルテンフリー、オーガニックの「食」にまつわる口コミが検索できるサービス「Bene」をご紹介。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
2020年に東京オリンピックを控える東京が、世界中の多様な宗教やポリシーへの対応が急務の中で、自由が丘にある菜道が、世界中のヴィーガン、ベジタリアンに最も...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。
気軽にヴィーガンを体験できる「週1ヴィーガンセット」が発売。ビーガンメニュー定番の「ヴィーガン麺」(玄米麺と米麺)と「ベジミートソース」は、30年間にわた...
「ネクストミーツ」と「ユーグレナ」が共同で開発した、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を配合した代替肉「NEXTユーグレナ焼肉EX」が発売。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
パンのフードロスを減らすパン専門の通販サイト「rebake」が、今夏よりグルテンフリーのパンや焼き菓子の定期便をスタート。消費が落ち込む日本のお米を原材料...
お肉だけではなく、卵や乳製品、はちみつなどの動物由来の食べ物を一切控える「Vegan(ヴィーガン)」は、日本で実践しようと思うとなかなか難しそうですが、そ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
蕎麦粉100%、グルテンフリーの「十割蕎麦」を上手に使って、いつもの蕎麦メニューをアレンジしてみました。
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
健康志向の高まりとともに注目を集めている「プラントベース」。ベジタリアンやヴィーガンとの違いやプラントベースのメリットなどについても解説していきます。
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
蕎麦粉100%、グルテンフリーの「十割そば」を上手に使って、いつもの蕎麦メニューをアレンジしてみました。
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。
フランスの会社が開発中の、見た目も完璧に卵を再現しているヴィーガン卵「Les Merveillœufs 」をご紹介。
今、世界中で増加する「ヴィーガン」を取り巻くさまざまな動きについて、知っておくべきことをまとめて紹介。ヴィーガンに向けた刺身、卵、ホテル、レシピ本、ファッ...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...