ヴィーガン対応の飲食店を探せるアプリ「Bene」がリリース!

日本でもヴィーガンフードへの関心が高まり、専門店や対応メニューを展開する飲食店は急激に増えてきているが、なかなか一般に浸透しない……。

そんな問題を解決すべく開発されたアプリ「Bene」。これは、ヴィーガンをはじめ、オリエンタルベジ、グルテンフリー、オーガニックなどの「食」にまつわる口コミが検索できるサービスだ。

たとえば「ロイヤルホスト」「カレーハウスCoCo壱番屋」といったレストランチェーンのヴィーガンメニューから、住宅街にひっそり佇むようなローカルのヴィーガンカフェまで、関東を中心にさまざまなジャンルの飲食店を掲載。

また、ビヨンドミートやヘンプドリンクといったスーパーやコンビニで手に入れられる食材のレコメンドも。今後はEC機能の導入も予定しているとのこと。

これまで得難い情報だった分、少し見るだけでも「へ〜こんなのがあるんだ」という発見ばかり。

クリップ保存したくなる投稿が満載だ。

©Moblo
Top image: © iStock.com/venimo, 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
12月3日、提供する商品をすべて植物性のもので揃えた「VEGAN STORE」の1号店が東京・浅草にオープン。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
「ヴィーガン」は食品に限った話ではありません。いまの時代を生きるうえで欠かせない、ヴィーガンフレンドリーなあれこれをまとめてみました。
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
2020年に東京オリンピックを控える東京が、世界中の多様な宗教やポリシーへの対応が急務の中で、自由が丘にある菜道が、世界中のヴィーガン、ベジタリアンに最も...
ヴィーガン専門デートアプリ「Veggly」が選挙戦期間中に実施した世論調査を発表。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
いま、スペインで飛ぶように売れている、肉なし「ハモン・セラーノ」。スペインのスタートアップ企業「Rollito Vegano」が、ヴィーガン仕様の生ハム「...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
岩手県の名産「南部せんべい」がヴィーガン認証を取得。国内で販売されているせんべいにおいて、この認証を取得したものは過去に例がないとのこと。
パンのフードロスを減らすパン専門の通販サイト「rebake」が、今夏よりグルテンフリーのパンや焼き菓子の定期便をスタート。消費が落ち込む日本のお米を原材料...
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
6月中旬にスコットランドでオープンした「Saorsa 1875」。客室内はもちろんのこと、部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガン。供給される電気...