猫目線でわかりやすく解説!ブッダが教える、悩んだ時に思い出したい「5つのコト」

ぼくは「猫ブッダ」。ある日、飼い主さんが読んでいた仏教の始祖ブッダの本を読んでみました。すると、その言葉は実にシンプルで、猫にでも理解できたのです。ここでは、ぼくなりの解釈で、人生に役立つ言葉を紹介します。

少しでも気が楽になったと感じてくれたらうれしいニャ!

01.
心が苦しくなったら
「すべては移ろっていく」とつぶやく

260486027

この世界に永遠に変わらないものは何一つなく、すべては移ろっていく。ブッダが気づかせてくれた最大の真理がこの「無常」です。ぼくたち猫もそれなりに無常を理解していますよ。飼い主さんのあったかい膝の上にずっといられるわけではなく、おいしい高級ネコ缶が毎日続くはずもニャイ…と。

この世は無常だからこそ、人はやさしく強く生きていけるんだニャ。季節が巡るように肉体も感情も変わっていくなら、いま抱えている悲しみや不幸にずっと悩まされるはずなどニャイのですから。心が苦しくて仕方がないとき、「すべては移ろっていく」とそっとつぶやいてみてはどうでしょう。猫のぼくでも少し気が楽になりますよ。

02.
心を清潔にできるのは
「自分」しかいない

人の心はもともと清いもの。大人になっても心が清浄か、汚れていくかは、自分の行い次第だとブッダは言っています。悪いことをしなければあなたは清い心でいられるし、悪いことをすれば心はどんどん汚れてしまいます。そして心が汚れたとき、他人があなたを清めることはできないし、あなたも清めることができません。

心をきれいに保つ責任は自分にあり、心のそうじをできるのはあなたしかいニャイのです。

03.
我を無くせば
「私という問題」で悩むこともない

281186978

すべての事物は『無我』であると、智慧によって観るとき、人は苦しみから遠ざかる。これが清らかになる道であるーブッダ

「私」とか「自我」に当たる概念なんてぼくたち猫にはありません。おかげで煩悩もほぼゼロでいちいち悩まないし、いまがゴキゲンならそれで十分。

私ってなに?とか、アイデンティティや自分らしさとは?自我が壊れる?など、現代の人は「私という問題」で悩んでばかりいますものね。だからこそブッダは、「無我」という真理に目覚めて自己への執着も手放しなさいと言うんです。変わらない「我」など存在しないのだから、そんなものにとらわれる必要はニャイんですね。

04.
悪いことばを吐いたら
口の中がズタズタに

つい感情がイラ立って乱暴なことばを吐いたり、怒りにまかせてひどい悪口を並べてしまうことはありませんか?思う存分わめいたあなたは、たまったストレスが消えたり、怒りの溜飲を下げたりして、すっきりするかもしれませんね。でも、悪いことばはきっと自分に返ってくるんです。

あなたが発した悪いことばーーその声はすぐに消えますが、言いっ放しでは済みませんよ。ブッダのこんなことばもあります。
「人は生まれながらに、口の中に斧が生えている。愚かな人は悪口を言っては、その斧で自分自身を斬っている」。
悪いことばを吐きまくったら、口の中はズタズタです。もし人の悪口が言いたくなったら、このことばを思い出してくださいね。

05.
いやなことに反撃しようとしない

272600855

人が苦悩から抜け出せずにいる原因の一つは、自分にいやなことが降りかかったとき、いやなことで反撃してやろうとするから。目には目をとばかり、怒りには怒り、悪意には悪意で対抗していたら、自分もその煩悩まみれの「いやなものグループ」から抜け出すことはできないんですね。

「煩悩」とは、人の心を苦しめ、心身を悩ませ煩わせる心の作用を全部ひっくるめたもの。怒り、恨み、嫉妬、色欲、我欲、執着などはみな煩悩の代表で、人が心おだやかに生きようとしても、それを邪魔するように心の内から次々にわいて出るのでなかなか厄介なわけです。

怒りには微笑みで対抗できるように心を磨くと、汚れは少しずつ落ちていき、きっと無明の闇も晴れていくはずですよ。

猫ブッダは悩まニャイ
コンテンツ提供元:ワニブックス

宮下真/Makoto Miyashita

文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブッダせんせい こころのふしぎ』『空海 黄金の言葉』『親鸞 救いの言葉』『老子 上善の言葉』(いずれも永岡書店)など。猫好きで、『猫語の教科書』(監修・野澤延行、池田書店)ほか猫の本の編集・執筆も多数。

宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
グローバルビールブランド「コロナ エキストラ」が、ブランドメッセージ「THIS IS LIVING」を体現した映像をリリースしました。いま、世界の人々に、...
時を超え、シンプルかつ大切なコトを私たちに教え続けてくれるブッダ。「Higher Perspective」に掲載された「真実の愛」に関する記事も、一見する...
猫エイズウイルスキャリアの愛称「りんご猫」が、普通の猫と同じように暮らせることを知ってもらうきっかけにと、町イベント「ねこまつりat中野」が初開催。5店舗...
近づいたら離れる、放っておくと甘えてくる、猫の気持ちはどうにもわかりません。悩める猫好きの方のために実は愛情表現?という猫のしぐさを知り、より彼らの気持ち...
人生は、なかなか自分の思い通りにはいかないもの。生きることは、楽じゃないのが当たり前で、うまくいかずに苦難ばかり多いことが普通なのです。でも、「楽じゃない...
SNSで15万いいねの反響を得た、クリエイター docco(@doccoina )氏の人気アート「猫吸い 」を描いたTシャツが5月15日より販売スタート。...
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
ペットにもオーガニック!化学農薬、化学肥料、遺伝子組み換え、化学種子消毒なし、ヨーロッパで有機認証を取得した安心安全なタネから作るねこ草を紹介。
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
人生には辛い時もあります。が、それを乗り越えなければいけません。困難な状況を、他人よりもうまく切り抜けることができる人に共通することがあります。それは、考...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
東南アジアを拠点に地元の村でとれた素材でストローを作る「EQUO」によるストローシリーズは、さまざまな方法で処分が可能な有機ストロー。4種類がラインナップ...
「ダイドードリンコ」の自販機では「顔認証決済サービス」の実証実験を7月3日から開始し、「手ぶら」で飲料の購入ができるように。スマホやタブレットなどの端末で...
現代社会は混迷し、閉塞感が漂い、この先の明るい出口さえ見通せない状況にあります。そうした世相を反映してか、書店の本棚には、仏教に関する本が目立つように感じ...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
Elite DailyのライターJasmine Vaughn-Hallさんの記事を紹介します。
Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺めら...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
ライターKasim Khan氏が、ブッダの教えを記事にまとめています。今回のテーマは、「あなたが持つべき友人の種類」について。もちろん、以下の4つをすべて...