「人はひとりでは生きていけない」を、本当の意味で理解した7年間。

3月11日

世界を震撼させた大地震がおきたあの日、私は留学先のオーストラリアで大学の友人から、「日本が大変なことになっているけど大丈夫?」と声をかけられました。

あれは、ちょうど午後の授業を終えた直後。いつもはニコニコした友人の不安げな表情に、母国で何かとてつもないことが起きてしまったのだと、恐ろしくなったのを覚えています。

当時、私がいたオーストラリアでは、町を飲み込む津波や高台に向かって走る人たちの映像が、何度も繰り返しテレビにながれていました。あの日、日本にいなかった人たちさえも、あの光景を見て、恐怖や不安、そして衝撃を感じたのです。

悲しみを乗り越えるための
「5つのステージ」

あれから7年──

あの日の出来事を直に体験し、大切な誰かを失ってしまった人たちは、今日にいたるまでどのように生きて、今どうしているのかという思いが頭に浮かびます。

というのも、私も約7年前に、震災が原因ではないけれど大切な人を失ったから。

その大切な人とは、お母さんでした。彼女は、私にとっていちばんの理解者でありサポーターであり親友でもありました。なので、当時はあまりにも多くのことを一度に失った気分になり、「混乱」と「悲しみ」で自分を見失いそうになっていました。

そんな時、知人が教えてくれたある情報が、行き場のない気持ちと向き合うキッカケをくれたのです。

それが、「The Five Satges of Grief」と呼ばれる仮説。

日本ではあまり知られていませんが、人はDeinial(拒否)、Anger(怒り)、Bargaining(交渉)、Depression(絶望)、Acceptance(受容)という5つのプロセスを経て、深い悲しみを乗り越えていくという考えです。

「大切な人との別れ」が
教えてくれたこと

この仮説はホントなの?という議論も世にありますが、自身で経験してみて感じたのは「あながちウソでもない」ということでした。

当時、母の死後、私は心のなかで現実を猛烈に否定していました。その後は、先に述べた順番どおりではありませんが、「どうして私が?」などという思いから、怒りがわいてきたり落ち込んだり…。

それでも、日々歩むなかでヒシヒシと感じたのは、人はひとりでは生きていけないということ。

ときどき私を外へ連れ出してくれた友人、喧嘩してやつ当たりしても側にいてくれた家族。

そんな日々を過ごしていくうちに、途方にくれていた気持ちがだんだんと吸い上げられていくような気分になり、荒れた心が穏やかになっていくのがわかりました。

「ひとりでは生きていけない」なんてあたり前のことだと頭ではわかっていたけれど、あの時の経験があったからこそ、本当の意味で理解することができた気がします。

私は、今でも周りの人たちの手をかりながら生きています。うまく伝えられている自信はないけれど、心の底から彼らに感謝しながら。

ひとえに「悲しみ」と言っても、人それぞれその度合も感じ方も違うでしょう。それでも批判を恐れずに言うと、あなたの悲しみが例え底なしでも、前を向いていればそれが一生つづくことはないと思うのです。

大切な人との別れが突然だった人ほど、現実と向き合い、悲しみを乗り越えるのに時間がかかったかもしれません。

あれから7年──

あの日、大切な人を失ってしまった「あなた」は、今日までどのように生きて、今どうしていますか?

人生100年時代にぜひ覚えておいて欲しい考え方「ウェルネス」についてご紹介。この記事では、ウェルネスの正しい意味やその指標を説明していく。
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
生きる目的や意味を探し続ける、人生なんてそんなものなのかもしれません。ふとした瞬間に思う「生きる意味」。それを歴史に基づいて分かりやすく説明したコンテンツ...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
人生には辛い時もあります。が、それを乗り越えなければいけません。困難な状況を、他人よりもうまく切り抜けることができる人に共通することがあります。それは、考...
「ミニマリスト」とは物理的な意味のほかに精神的な意味も持つ。ここでは、ミニマリストの意味や得られるメリット、ファーストステップとしておすすめのアクションに...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
どうせなら、「会わない時間」をめちゃくちゃ楽しめる人でいたい。
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
Bluetoothを活用した電子銘板システム「お守り de お墓参り」は、共同墓でも参拝者に合わせて表示名を変えてくれる。
「The School of life」の動画は、幸福を追求する行為には“ある問題”が潜んでいると注意します。また、それを解決するアドバイスも提示。頭の片...
大人って大変で、辛くて、偉くて、立派な生き物だと思う。
なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまう...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
『四月の永い夢』、2018年5月12日(土)より全国ロードショーです。