今はなき婚約者へ、「さよなら」と「ありがとう」を込めたウェディングフォト。

最愛の人を亡くした悲しみは、それを経験した人にしかわかりません。無情に流れる月日のなか、どこかで踏ん切りをつけて前を向く。悲しみはまた、乗り越えかたも大切ですよね。

2017年6月に予定していた結婚式の4カ月前に、婚約者を交通事故で亡くしたHannah Darrさんの場合、それは彼と約束していたウェディングフォトを撮ることでした。

夢の中で果たした「再会」

B4e622b5d343703789b43b89bde0974bf1c048d2

Photo by Holly Gannett

Hannahさんがプロポーズをうけたのは去年。将来生まれてくる子どもの名前、ふたりで暮らす家、たくさんの未来を分かち合う、しあわせな日々を過ごしていました。

そんなふたりを悲劇が襲いました。

婚約者の交通事故死。別れはあまりにも突然に。失意のどん底にいたHannahさんは、ある夢を見ました。

ウェディングドレスを身につけあてもなく歩いている彼女の眼の前に現れたのは、やさしい笑みを浮かべた婚約者のLayneさん。枕を濡らす日々だった彼女にとって、これ以上ないプレゼントだったようです。

翌朝、目を覚ましたHannahさんは、数ヶ月後に実現するはずだったウェディングフォトをどうしても諦めきれない、とカメラマンを探し始めます。そして、協力を買って出てくれたのが、Holly Gannettさんでした。

7年分の思いを込めて…

4f51ac7300396dc74cd3f9507023c03e4c00ec47

Photo by Holly Gannett

撮影はもちろん彼女ひとり。でも、Hannahさんのまなざしは、まるで彼がそこにいるかのよう。画像を加工することで再開した“ふたり”、写真の中で「大切な日」をともに過ごすことができました。

Layneさんのことを「親友だった」と思い返すHannahさん。幼いころ彼が住む街へ引っ越したことが出会いのきっかけだったと「Love What Matters」に語っています。その後、高校1年生の時にデートに誘われて付き合うことに。7年間の月日を一緒に過ごしました。

1d21efc46406b37689082f0333f5b84ba5b66636

Photo by Holly Gannett

いつか、また会う日まで

撮影を終えた翌日、HannahさんはFacebookにこのような言葉を綴りました。

「Layne、あなたがいなくて寂しい。この先あなたの代わりは絶対に現れない。抱きしめてくれた時の力強い腕が好きだった。『きっとどうにかなるよ』という安心感をもらえたの。あなたの笑顔も、握った手のひらも、いまは恋しい。最期の言葉は『愛しているよ』だったね。きっとまたいつか、天国で聞かせてください」

Dfdfe38015bacb5035afc9eb3169c51d46a44cca

Photo by Holly Gannett

「失ったことではなく、あなたとの愛を大事にします」

──Hannah Darr

Licensed material used with permission by Holly Gannett
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
結婚式の写真は一生残るものだから、痩せようと決心する女性は多いと思う。が、もし他人から押し付けられたらどうだろう?そもそも自分でその必要性を感じていなかっ...
真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。確かに...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
今年4月に公開されてから2か月余りで動画再生回数300万回越えを達成した、話題のカップルがいます。オーストラリア在住のAnnaさんがプロポーズされて一番驚...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
生き方や家族のあり方が多様化している今日このごろ。とはいっても「結婚」は、大きな決断のひとつ。できるだけ隠しごとは最小限に抑えた状態で踏み込みたいものです...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
結婚指輪といえば、プラチナ。婚約指輪といえばダイヤモンドが定番。最近は日本でも「指輪を買わない」という人が増えていますが、そうは言っても多くの女性にとって...