世界中の女性を虜にした「愛の写真」

彼氏がいない期間が長いと、「この先良い出会いは本当にあるんだろうか」と疑心暗鬼になる時がありませんか。テキサス州に住むStephanieさんも「以前は自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」と感じていたそう。

でも、彼女はついに見つけたのです。

「運命の出会い」はSNS

1d178aedc6abff6f8c8082adeb9336736f45a099B2fb489a86149df8e95195ecc2f2d89fc8a57bcc

「私たちはインスタグラムを通して知り合ったの。彼が私にメッセージを送ってきて、番号を交換した。数週間後に初めてデート。すごく気があって、朝方までレストランで過ごしていたっけ。あんなデートは生まれて初めてだったなあ」

彼(Arrynさん)との出会いを語ってくれたStephanieさん。2人は今年の2月に婚約しました。ある夜、Arrynさんは「一生一緒にいたい」とStephanieさんに思いを打ち明け、彼女に指輪を送ったそう。

「誰かをこんなにも愛せるとは思わなかった。彼といると以前より自信を持つことができる。内面の美しさを見るようにと、いつも言ってくれるから」

写真家がシェアすると
瞬く間に拡散

2人の写真は世界中に拡散されて話題となったのですが、そもそもは撮影を担当した「Wolf & Rose Photography」がFacebookでシェアし、反響を呼んだことがキッカケ。

「こういう写真はあまり好きじゃないけれど、これは素敵!」

「心が温まる。全ての男性が、女性のサイズを気にするわけではないという希望を与えてくれる」

など、率直なコメントが寄せられていました。 

世の中には本当に様々な出会いがある。2人の場合は偶然インスタグラムだったけれど、始まりはどうであれ、彼女たちを見ていると「諦めるのはまだ早い」。そんな気がしてきました。

05d4b22c8c6c179df92f4bab523356cbd1a03760682fa25a02cd694a40f2a71b971f402ed8fc80b899dc411f49f4ad26eb717f6c5cea81c117e935b0
Licensed material used with permission by Wolf & Rose Photography
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。確かに...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...