「最悪な1日」を「ちょっといい1日」に変える方法7つ

何をやっても上手くいかない。そんな「バッドデイ」があります。ひどい時なんて、一日中それだけで頭がいっぱいになってしまうことも。

アメリカのトップ心理療法士、バートン・ゴールドスミス博士が提唱する「そんなときでも、気持ち良く1日を乗り切るための7つのヒント」、参考にしてみては?

01.
自分を責めない

失敗してしまったときに自分を責めてしまうのはよくあること。でもミスは誰にでもあるものです。

受け入れて学ぶことで、一日が、そして人生がより良いものに変わっていくのかもしれません。

02.
外の空気を吸う

散歩やひなたぼっこだけでもいいので、まずは外に出てみましょう。新鮮な空気が不安や憂鬱を吹き飛ばしてくれます。

動揺すると、つい呼吸が乱れがち。しっかりと息を吸い込んで吐き出すことを忘れず、リラックスしましょう。

03.
身近にある
美しいものを見つける

落ち込んでいるときに夕日や絶景を…というのはなかなか難しいかもしれません。

もしも自然が身近にないのなら、美術館や博物館、あるいはショッピングセンターや駐車場などでも構いません。少しでも光を取り込むために、出かけてみましょう。

04.
困難な日も
受け入れよう

過去の様々な経験から学び、いま目の前で起こっていることを俯瞰から見られるようにしましょう。それだけでも物事はうまく進むようになるはずです。

ほとんどの場合、状況は一時的なもの。それが分かれば困難な日にも対処できるでしょう。

05.
友人を励ましてみる

他の誰かについて考えることで、自分自身の悩みを忘れられるかも。また友人を助けることができれば、自分自身も気持ちがいいものです。そうすることで自分自身の問題も、一歩引いて見ることができるでしょう。

06.
部屋の
掃除や
模様替えをする

絵画を飾ったり、草むしりをしたり、何か壊れていたものを修理するだけでも構いません。ひとりでやるのが大変なら誰かに手伝ってもらうのもいいかも。

気分も良くなるし、つかの間の話し相手もできますね。

07.
観たい映画をみつけて、
その日の晩に観る

つらい時は、無理して出かける必要はありません。例えば好きな映画を見ている間って、少なくともその間は悩みを忘れることができるでしょう。うまくいけば、見終わったあと、物事をもっとポジティブに捉えられるようになっているかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by Barton Goldsmith
今日は、人生最悪の1日。誰だって、そう感じることってありますよね?何もかもがうまくいかない。そんな負の連鎖から抜け出すことは、当然、簡単なことではありませ...
仕事が忙しいとき。人間関係などで嫌なことがあったとき。ああ、気分転換したいなぁと思うことってありますよね。そんなときに使える、おすすめの気分転換の方法をご...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
思い出してさめざめと泣くわけじゃない。こんなオトコに二度と引っかからないよう、私の、そして誰かの教訓にするために。本当にあった、私の人生、最悪なセリフ。
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
「もしかすると『素敵な日』ではなく、『素敵な瞬間』を見つけることが重要なのかもしれない。ましてや、素敵な瞬間が一日中続いて欲しい、なんて贅沢な願いなのかも...
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
『ジョルジオ アルマーニ ビューティ』のポップアップストア「ARMANI BOX」が、12月1日から9日までの間、表参道にオープンします。
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるという話もあります。参考になる...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
なんとなく過ごしている毎日。ちょっと意識を変えるだけで、もっと幸せな1日に変わるなら試してみたいものです。「Elite Daily」のライター、Sonya...
全然そうは見えないけど、これ、サニタリー仕様なんです。
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
自分にできないことや欠けている部分に目がいくのは人間の性です。だけど、そんなことをしても落ち込むだけ。だったら1日の終わりに「プラスの出来事」を振り返る習...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
『きみへの距離、1万キロ』、2018年4月7日(土)より全国ロードショーです。
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
思い出してさめざめと泣くわけじゃない。こんなオトコに二度と引っかからないよう、私の、そして誰かの教訓にするために。本当にあった、私の人生、最悪なセリフ。
もうすぐやってくるGW。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、いつもとはちがうGWの過ごし方。今年はこっそりキャリアアップして...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...