付き合って3年目のカップルあるある

交際して3年も経てば、パートナーと本音で会話ができる反面、衝突や飽きがくるリスクも。そのため、カップルにとっては関係が続くためのひとつの「壁」と言われています。喧嘩の回数が増えてくる人もいるのでは。

でも、「3年目はそんなもの」と割り切ってしまえば、意外と簡単に乗り越えられるかも!?以下は、決してあなたたちだけに当てはまるわけではないので、もっと気楽に考えてみて!

1.最近、私たちどこで何したっけ?

外出

付き合って最初の頃は、待ち合わせや初めてふたりで行ったお店などを事細かく記憶し、記念日の写真などを撮りましたよね?でも、3年目にもなると行動範囲が限られてきて、同じ所に行ってばかり。どんなデートをしたかも、なかなか記憶に残らなくなってしまいます。

「そういえば最近、私たち何したっけ?」と思うようになってしまうと黄信号でしょう。

2.相手のコトより自分を優先

3年目にもなると、お互いにどんなサイクルで生活しているのかを把握しているので、相手の行動に関心が薄れてしまいます。決して愛情が薄れているわけではないのですが、一緒に3年も過ごした分、信頼しきっており、何をしていようと自分たちの関係が悪くなることはないと思っている部分も。

そのため、自分のコトを優先するようになり、相手はあまり気にしなくなってしまうことに。たまには、「あなたのことは気にしている」という意味を込めて、どこで誰と何をしているのかを聞いてみるのもいいかも。

3.スッピン上等!

shutterstock_323888861_2

付き合い初めの頃は、デートや泊まるたびに気にしていたメイクですが、3年も経つと彼も何も言わず、中にはメイクしているのかどうか分かっていない人も。その結果、ついついメイクが疎かになってしまうことに…。

最初は「絶対にフルメイク」だったのが、徐々に「うっすらメイク」に変わり、「ポイントメイク」を経て、彼の家で泊まった日は「ノーメイク」に変わってしまいます。

4.シラフでも素っ裸!?

最初の頃は恥ずかしくて、わざわざ脱衣所で着替えていたのが、3年も過ぎると面倒になり、ついつい彼の目の前で着替えるように。そして、それが当たり前になってしまいます。中には、部屋の中では「裸族」という人も!?

5.すべてを近所で済ます

外出

付き合い初めの頃は日帰りや、泊りがけで旅行やデートに行ったもの。でも、3年も経つとそれがどちらかの部屋になり、出かけるのは近所のコンビニやスーパーなど生活に必要な場所のみになりがちです。食事に関しても、人気のレストランを予約することもなく、無難に近所の居酒屋やラーメン屋ばかり。

6.時間は彼のためではなく、友人のために使う

3年目の壁で一番顕著に表れるのが、自分の友人との関係。カップルになったばかりの頃は離れていたくないので出来るだけ一緒にいようと、友人との時間を削っていましたよね?しかし、次第に友人と出かけることが多くなり、ごはんを食べるのも友人と一緒が多くなります…。

愛情は薄れていないのですが、関係が「安定」したため自分の友人にも目が向くようになるのです。異性やカップルでは噛みあわない話題も、友人とはワイワイ話すことができるため、ついつい彼らとの時間が増えるように。

7.お互いの粗探しで一日が終わる

粗さがし

最初は相手のすべてがカッコよくて、「この人以上の人はいない!」と思っていたのが、次第に相手の悪い所ばかりが目につくように。関係が安定してくるため、当初のように「自分の良い所を見せよう」という気力も薄れ、悪いところが更に目立つという悪循環。

また、相手のすべてがイライラして批判したくなるのもこの時期。なぜなら、自分の要求が優先されるようになり、相手がそれを聞いてくれないとそれがそのまま不満になり蓄積するから。それを機会に「自分にはもっとイイ人がいるのでは」と、別れてしまうカップルも多いと言えるでしょう。

3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
どんなカップルのあいだにも悩みごとは付きものですが、年の差カップルには独自の悩みも出てくるわけで・・・芸能人同士では15歳差、20歳差なんていうカップルは...
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
なぜか最近彼女にイライラしてしまう。一緒にいても楽しめない…という時期はどのカップルにもあることだと思いますが、原因が一体何なのか探ることでよりよい関係が...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
年齢に開きがある人同士が付き合う、いわゆる年の差カップル。どんなカップルにも、初めて出会って惹かれ合う瞬間というのがありますが、年の差カップルはどんなきっ...
『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた桑畑かほる監督。彼女が夫のマックス・ポーター監督とともに製作したショー...
芸能人でも話題となることが増えている、「女性が年上」の年の差カップル。年下の彼氏に憧れる女性もいるでしょう。しかし、ならではの悩みも当然あります。1.彼と...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
今の恋人と、9年間もの時間を共にしているMaryさん。彼女のイラストには、2人のささやかで幸せな日常が描かれている。長く一緒にいるからこその景色、ほんわか...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
アメリカの動画メディアのCutが挑戦者たちに「10人から5組のカップルを当てる」というシンプルなルールのゲームを決行。似た者同士を組み合わせてみたり、ペア...
大好きな彼氏。でも、ふとした瞬間にイラっとしてしまうことがあるはずです。女性は「あるある!」と頷けて、男性は「たしかに、コレやってるかも…」と反省できる、...
カップルにマンネリはつきものです。多くの人が一度は悩んだ経験があるでしょう。まさに今!という人は「Little Things」で紹介されていたPhil M...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であ...
想像するに、付き合って1〜2年。しっかり者だけど実は甘えたがりの女の子と、弟気質だけど根は頼りがいのある男の子。絶妙な距離感のふたりです。タイのイラストレ...