「いつも疲れている人」を卒業する7つのポイント

なんだかいつも疲れてる?

それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?

今回は「Asap Science」の動画から、運動やアルコール、カフェインなどとの上手な付き合い方を伝授しましょう。

01.
週に数回のかるい運動で
睡眠の質をアップ

1aac9e92bfcd2d9a645827797bcda06c5edc54d4

ちゃんと寝てるのに疲れが取れない人は、睡眠の質に問題があるのかも。眠りの質をあげるシンプルな方法、それは「軽い運動」をすること。

これだけいうとありきたりに聞こえるし、実際毎日運動の時間を取るのは難しい…と思う人もいるかも。でも実は、週に数回の軽い運動を6週間ほど続けるだけでも、睡眠の質は向上するんだとか。大事なのは頻度より継続。睡眠の質が上がれば、長い間眠らなくてもしっかり疲れを取ることができるとのこと。

02.
就寝の6時間前から
カフェインを控える

4caeab5b6985da56811035bc36d0017250386e7c

次に、コーヒーの「がぶ飲み」について。コーヒーのメリットは多くの研究でも明らかになっていて、うまく使えば眠りの質を向上させるのにも役立つんだとか。

カフェインは、起きている間に分泌されるというアデノシンの働きをブロックして目を覚ましてくれるので、朝飲むとすっきりと目を覚ますことができるし、切れてきたら夜はちょうどよく眠くなって、良い睡眠をとれるそうです。

2d491506577a2922f271be1d97803d43225116f3

しかし、就寝の6時間前以降にコーヒーやエナジードリンクでカフェインを摂取してしまうと、目が冴えてしまって逆効果。睡眠の質に大きく影響を及ぼし、結果としてカフェインを摂っていない人のほうが良い睡眠を取れることになるんだそう。

03.
水は「喉が乾く前」に
こまめに摂ろう

水は、私たちの体で非常に大事な役割を担っているので、脱水症状にはくれぐれも注意。人は体内の水が1.5%減少しただけでも集中力が切れてしまうと言われています。2%まで減少すると喉の渇きを感じ始めるそうなので、こまめに摂取しましょう。

また、自分が脱水症状かどうかは尿の色でも判断できるとのこと。健康な尿は薄い黄色をしていて、色が濃くなったら水分が不足している可能性が高いので要注意。

04.
「寝酒」は眠りやすいけど
疲れがとれにくくなる

7f9c30e689e7e96139396a86128d5e53cafa0a42

寝る前にビールやワインを飲むのも、生活リズムに影響してくるとのこと。酔い始めた被験者は眠りに落ちるのが早くなるものの、睡眠の質はぐっと下がるらしいのです。とくに睡眠時間のうち後半の眠りの質が悪化し、アルコールはレム睡眠の量を減らすそう。

また、週末に睡眠のスケジュールを崩さないように注意しましょう。

05.
毎日20分のお昼寝で
リフレッシュ

1日に、20分のお昼寝をするのも効果的。それほど深い眠りじゃなくても、元気をリチャージできます。ちなみに、深い眠りに落ちると逆に起きたときに疲労感が襲ってくるので、昼寝の時間は長すぎてもダメ。

さらに、ここでも生活のリズムが大事なので、たとえ日曜日の夕方でも正しい時間にお昼寝するのが◎。そうすると、月曜日の朝が楽になるのだそう。

06.
不安やストレスが原因なら
医師に相談を

もちろん、疲れにはメンタルも関係しています。とくに不安がある状態だと大きな影響が出ます。人の考えてることについて気を揉んだり、いつも仕事のことを考えてピリピリしていたり、いろんな決断に頭を悩ませていたりすると、体の疲れにも繋がります。

不安障害の症状のひとつとして「疲れ」も出るそうなので、眠りの質も落としかねません。

36dadd23bf29467aeeec1e04840ff4f30158b224

また、それだけではなく「鬱」も睡眠に深刻な影響を及ぼします。憂鬱な感情は心身ともに疲弊の原因となり、こればかりは眠っても解決しないことが多いのです。ときには不眠症になり、初めての場所で寝られなくなったり…。

もしも鬱かもしれない、と思ったらためらわずに医師や専門家に診てもらいましょう。

07.
体質的な問題?
「ソーシャル・ジェット・ラグ」

64e248791a2f5aa17c75830ccb9bcb8d55bf4e81

シンプルに、あなたが「夜行性・夜型」という可能性も。人口の約20%は遺伝子的に夜型の傾向があり、9時17時の社会に住んでいると、そういう人が質のいい睡眠をとることは難しいのだとか。

科学者はこの現象を「ソーシャル・ジェット・ラグ」(社会的・時差ボケ)と呼んでいるそう。これはもう、夜行性のフクロウが毎日自分に適してない時間帯で生きてるようなもの。解決しない場合は、医師のご相談を。

Licensed material used with permission by Asap Science
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
GWが終わり1ヶ月が経ちました。現在、祝日のない6月のまっただなか。おまけに梅雨。こんな時期にどうやってモチベーションを高めればいいんだろう?と憂鬱になっ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
「ストレス」を甘くみてはいけません。なぜなら、日々の生活や人生を狂わせてしまうほどの負の威力を持っていると言われているからです。Elliot Caleri...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
たまに頭の中にモヤがかかって、何も考えられなくなってしまうことがありませんか?この状態、英語では「ブレイン・フォグ(脳内の霧)」と言うんだとか。ここで紹介...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
仕事、恋愛、お金、家族、人間関係etc…。ストレスを無意識のうちに抑圧してしまうと、どんどん自分を追い込んでしまう結果にもなりかねません。「Elite D...
「Elite Daily」で紹介された不安を和らげるための記事は、今まで読んだものとちょっと違う。11の方法を紹介しているのだけど、私が魅力に感じた最大の...
ライターSteven Bancarz氏が、自然がもたらす不思議な力を「Spirit Science and Metaphysics」にまとめています。都会...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
ここに紹介するのは、あなたの幸せを壊すストレスの兆候。もし当てはまっているのなら、もう無視しないで。ストレスと付き合っていくためには、「何が危険信号なのか...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
マスタベーションに後ろめたさを感じる必要はないかもしれません。海外では、こんな動画が作られているんですから。記事のもとになっているのは、科学情報を発信する...