「死んでいるように生きている」。慢性疲労症候群のリアルを写したドキュメンタリー。

誰だって、疲れて動けなくなることはある。でも、体のどこにも異常はないのに、原因不明の極度の疲れが半年以上も延々と続き、動くことや、時には話すことすらできなくなる病がこの世には存在する。

その名も「慢性疲労症候群」。休めば治る慢性疲労と混同されやすく、理解されにくいこの病を広めるため作られた衝撃的なドキュメンタリームービーが話題を呼んでいる。

「人生、なんでもできる」
あの日まではそう信じてた。

E7045a8e44f2e0692e5fd15dcf8e3c39229c9e1e

「物心ついた時から、世界じゅうを飲み込んでみたいって思ってた。なんでもできる、時間はまだまだある。そう思ってた

ハーバード大学を卒業し、プリンストン大学でも政治を学んだというJenniferさんも、慢性疲労症候群を発症したひとり。遊び、学び、パートナーと愛し合い…彼女の人生は、喜びで満ち溢れていた。

D340914f501094f1ebcbc621cc3259bdd343a7d4

でもある日突然、立ち上がれなくなった。ソファから立てない。それが始まり。原因不明の疲弊感…。何が起きたのかわからない。不安で、もどかしくて、無力だった。

Bfd0f2e67d4f6e5a5c3b07593457aeecca2cf9abDc2e7bba3e3b6aa08e61d55ae9bea263ec19ebdf

時には会話すらままならないことも。「ウウウ…ウウウゥワゥ…」と呻くだけ。脳の機能に異常が現れるこの病では、微熱や筋力・思考力の低下、睡眠障害も症状のひとつだ。

Dafe215d4eec26f97e6bce2ad6deace28d696daa

医者にいっても「ただの脱水だよ」と言われた。みんなが「怠けてる」と言ってイライラした。おかしいと思ってネットで調べて、やっと多くの人々が自分と同じように苦しんでいることを知り、衝撃を受ける。

そして改めて下された診断で告げられたのが、「慢性疲労症候群」。自分が治療の確立されていない難病に冒されていることを、彼女はここに来て初めて知ることになる。

68ad4b7cb77d1e810d2c099abe2ffd06738f74dd

同じ病に苦しんでいる人の数は、世界中で1,500~3,000万人。それなのに、知っている人はあまりにも少ない。

実際に病名がついたあとも、冷笑はあとを絶たなかった。「慢性疲労症候群だって?僕だって疲れてるさ!」「あぁ、僕もその病の人を見たことがあるよ 。『今日は会社に行く気分じゃないんだ』ってね」。そして響く、心無い笑い声。

知ってもらわなきゃ
始まらない。

F2335d58e3f8493a059473dfc86881d7f37a3e04

陽の光すら目一杯浴びられず、体調も安定せず、もっぱらベッドにいるしかない。でもそれでも、「広める」ことはできた。病の状況をムービーに残してできるだけたくさんの人、世界中の人々に見せたのだ。自分自身のベッドから、インターネットで世界へ向けて思いを託す。

335b994662e1e042f23c3005050e31ca6a55e396

「この病になって以来、完全に寝たきりなの」

46f0f2122b32c572036411152d593ef06d034dd1

自分の人生が消えていくのを、何もできずに見ているだけさ」

患者の75%が仕事に支障をきたし、25%が家で寝たきりの状態となっている。外に出られないことで見えないものとなっていた病の実情を解き放とうとした。

闘病のなか、「無知」とも戦う

Bfcf8c543b53f029c07e197b12e31aac8932d51e

さらに、屋外を歩き回ることも困難となった患者の靴を並べるプロジェクトも実施。かつてはこの靴を履いて、それぞれ自分の人生を謳歌していたのだ。壊された日常について、あらゆる人に訴える手段となっている。

Acb25d1036e3ae36bfc705e937ccfb2dc93eb983

こちらはバレリーナの靴。「踊る喜びが恋しい」とある。

本当は、太陽のもとで動き回りたい。もっと、「生きていること」を実感したい。認めて欲しい。存在を知って欲しい。彼らにとって戦わねばならない相手は、自身の病だけではない。

Licensed material used with permission by Shella Films
顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られるゴールデンハー症候群。顔にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。スロバ...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
イラストレーターとして活躍するArt Yeuh! Studioは、「空白不安症候群」を患っています。初めて聞く名前の人も多いと思うのですが、これは精神障害...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
ロキタンスキー症候群と呼ばれる疾患を聞いたことがありますか?女性として生まれながら、膣の一部、または全部が欠損している膣欠損症の一種です。ここに紹介するの...
休日が終わることへの不安やちょっとした恐怖。こんな気持ちになるのは、何も日本人だけじゃない。この哀愁ただよう日曜日の原因と解決策を丁寧に紹介してくれている...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
自閉症のひとつ、アスペルガー症候群の男の子ベンジャミン君(10歳)。口数が極端に少なかったり、同年齢の子どもとうまく波長が合わない、他人の気持ちが分からな...
骨の成長を阻む病(モルキオ症候群)を抱え、四肢が細く低身長のBellaちゃん11歳。松葉杖を使って歩くこともままならなかった少女が、あるキッカケで再び自分...
ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
人間の血液型の中で最も古いのはO型。狩猟民族がルーツだなんて言われています。さらに「 WorldTruthTV」の記事によると、この血液型特有のかかりやす...
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材...
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...