アボカド、ベリー、コーヒー・・・世界の1/3の作物が消滅する原因がハチ?

アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもしれない。

アメリカ農務省のこの懸念が、杞憂に終わってくれればいいのですが。現に事態はアメリカのみならず世界へと波及し、その進行を止められずにいます。原因は、ハチ、チョウ、カブトムシといった花粉を運ぶ役割を担ってくれる送粉者(ポリネーター)たちの減少。養蜂家や農業従事者だけの問題?ではありませんよ。

深刻なのはミツバチの減少
世界の作物の1/3が危ない

9ba90ce1887245448f798d4fbb12b2a31f778d5f

「EcoWatch」が伝えるところによると、世界に生息する主な作物115種類のうち、じつに87種がポリネーターたちに依存しており、それらは全世界の食物生産の約35%を占めているそうです。特にミツバチは、人間の生存にとって欠かすことのできない存在。かの物理学者アインシュタインも「地上からミツバチが絶滅したら人類も4年で滅びるだろう」、と警鐘を鳴らしていたとか。

ところが、すでに多くのメディアで取り上げられているように、10年ほど前から世界規模でハチが大量死したり、失踪する現象が起きていました。よく耳にする「蜂群崩壊症候群(CCD)」がそれ。

ミツバチ研究の第一人者で昆虫学者マーラ・スピヴァク博士は、ハチが消えつつある主な原因として、花が咲かない土地を増やしてしまったことを挙げています。アメリカでは第二次大戦後、作物と作物の間に草花を植える、間作物農法を捨て、より大型・単一農場に適した合成肥料に切り替えました。さらには農場の雑草駆除に除草剤を使用し始めたことにより、花が咲く余地のない土壌をつくり上げてしまった。これが結果的にポリネーターたちの居所を奪っていった原因のひとつ、とスピヴァク博士。

このほか、2012年には、「ミツバチに与える影響が危惧される農薬を突き止めた」とする論文が科学雑誌『Nature』、『Science』両誌で掲載され、初めてネオニコチノイド系農薬の存在が広く世に知れ渡ることに。ペンシルベニア大学の調査によると、受粉したミツバチがコロニーに持ち帰る花粉に、少なくとも6種以上の殺虫剤成分が検出された事実を「News.com.au」が報じています。

花粉の運び屋たちを守ろう!
ナショナル・ポリネーター・ウィークとは?

ホワイトハウスは、花粉を運ぶ生物がアメリカのフードセキュリティだけではなく、米経済にとっても重要であることを認めています。第二次大戦以降、国内のミツバチの数はおよそ半減。養蜂農家はこれまでで推定1,000万以上のハチの群れを失っており、これが食物の価格を高騰させる原因でもある、と「EcoWatch」は指摘しています。

では、ただ減っていくハチを眺めているだけか。そうでもないようです。ハチに限らず花粉を運ぶ昆虫たちの減少に対処するため、2007年から創設された「ナショナル・ポリネーター・ウィーク(National Pollinator Week)」 を知っていますか?

米農務省、内務省が支援する国際的なイベントとして、除草剤や農薬の減少、積極的な草花の植え付けなど、ハチの生態系保護を呼びかけるキャンペーンとして、2015年にはアメリカ50州全土でこれが制定されました。ちなみに2016年は6月20日〜27日に実施。ミツバチと農作物の関係性を専門家を通じて知る機会が、学校や教会で設けられたそうです。

小さな生命を通して自然と人間の持続可能な関係や、自然環境について考えるきっかけにしてみたり、庭先やベランダに季節の花を植えてみる。ほんのちょっとのことからも、ミツバチたちを救う方法があるかもしれませんね。

ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣...
一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
イラストレーターとして活躍するArt Yeuh! Studioは、「空白不安症候群」を患っています。初めて聞く名前の人も多いと思うのですが、これは精神障害...
顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られるゴールデンハー症候群。顔にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。スロバ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
花粉の時期になると「花粉症予防になるらしい」と話題に昇る食材のひとつが「ビーポーレン」。いつもの朝食に「ふりかけ感覚」で取り入れてみるのはいかが?
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
休日が終わることへの不安やちょっとした恐怖。こんな気持ちになるのは、何も日本人だけじゃない。この哀愁ただよう日曜日の原因と解決策を丁寧に紹介してくれている...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
ロキタンスキー症候群と呼ばれる疾患を聞いたことがありますか?女性として生まれながら、膣の一部、または全部が欠損している膣欠損症の一種です。ここに紹介するの...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。