14万人フォロワーを抱える「ミツバチ」インスタグラマーの狙い

ここ数年の間にバーチャルインフルエンサーという存在をよく耳にするようになったが、今回注目したいのは「世界初のハチのインフルエンサー」であるミツバチの「B.」だ。

Instagramでのフォロワーは14万人を超えている。どの基準で評価するべきなのかは難しいところだが、フォロワー数だけでいえば影響力があることに間違いはない。

投稿内容は、観光を楽しむ「B.」の旅行記のようなイメージ。

「B.」のアカウントを運営するのは、フランスの独立政府機関「フランス財団(Fondation de France)」。そんな彼らは、個体数の減っているミツバチを保護するための活動費を募る基金「BeeFund」を設立している。

つまり、「B.」は「BeeFund」の存在を多くの人に知ってもらうための広告塔というわけだ。また、積極的にブランドとコラボレーションをすることで広告費を稼ぎ、保護活動資金に充てる狙いもあるという。

ちなみに、Instagramでの初投稿は2019年4月28日。話題のバーチャルインフルエンサーに負けないくらいの勢いで成長している「B.」に今後も注目だ。

Top image: © 2019 @bee_nfluencer
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
死滅の危機に瀕している野生のミツバチを救う施策として、スウェーデンの「McDonald's」が看板広告の裏側に巣箱を設置するプロジェクトを開始した。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのInstagramです。Skellieさんはガイコツって設定です。
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...