14万人フォロワーを抱える「ミツバチ」インスタグラマーの狙い

ここ数年の間にバーチャルインフルエンサーという存在をよく耳にするようになったが、今回注目したいのは「世界初のハチのインフルエンサー」であるミツバチの「B.」だ。

Instagramでのフォロワーは14万人を超えている。どの基準で評価するべきなのかは難しいところだが、フォロワー数だけでいえば影響力があることに間違いはない。

投稿内容は、観光を楽しむ「B.」の旅行記のようなイメージ。

「B.」のアカウントを運営するのは、フランスの独立政府機関「フランス財団(Fondation de France)」。そんな彼らは、個体数の減っているミツバチを保護するための活動費を募る基金「BeeFund」を設立している。

つまり、「B.」は「BeeFund」の存在を多くの人に知ってもらうための広告塔というわけだ。また、積極的にブランドとコラボレーションをすることで広告費を稼ぎ、保護活動資金に充てる狙いもあるという。

ちなみに、Instagramでの初投稿は2019年4月28日。話題のバーチャルインフルエンサーに負けないくらいの勢いで成長している「B.」に今後も注目だ。

Top image: © 2019 @bee_nfluencer
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
死滅の危機に瀕している野生のミツバチを救う施策として、スウェーデンの「McDonald's」が看板広告の裏側に巣箱を設置するプロジェクトを開始した。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのInstagramです。Skellieさんはガイコツって設定です。
思わず自分の目を疑ってしまった。でも、たしかに「THE FIRST HARD CORE BEE NIGHT CLUB(世界初ミツバチ用ナイトクラブ)」とあ...
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
「Beeflow」というアルゼンチンのスタートアップは、ハチの動きを活性化させようとしている。
一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
『Instafamous』では、ロサンゼルスを拠点とするインスタグラマーVincent V Leonardを尊敬し、全ての投稿を真似するようになったYas...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
オーストラリア人アーティストのフィル・ファーガソンさん、23歳。どこから突っ込んだらいいのか分かりませんが、彼のInstagramには現在14万人を超える...
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
きっかけは、オードリー・ヘプバーンに影響されたことから。彼女は、おばあちゃんのアクセサリーや古着などを使い、人気女優をはじめ歴史上の人物や作品に登場するキ...