【怪奇現象】謎のミツバチ大量失踪。その原因は意外なものだった・・・

キミは「蜂群崩壊症候群」を
知っているか?

ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣箱に残されたのは女王蜂と幼虫だけ。餌の届かない幼虫たち、やがて飢えに教われコロニー全体が崩壊する・・・。

まるで童話『ハメルンの笛吹き』を連想させる、摩訶不思議なこの現象が「蜂群崩壊症候群」の正体で、世界中の養蜂業者が頭を抱える問題となっている。

原因不明の奇怪な現象がついに、最新の研究によって暴かれようとしている。


 

どうやら原因は、
農薬による寄生キノコの蔓延

外を飛び回っているミツバチは、花粉を集めて巣に持ち帰る「働き蜂」。研究では、花粉が農薬で汚染されている場合、「Nosema ceranae」という寄生キノコに感染している個体が多いことが判明した。

農薬の作用によって抵抗力が落ちてしまった蜂にこのキノコが寄生、蜂の帰巣本能を狂わせて巣に戻れなくしている可能性が指摘されている。

しかし、農薬の特定は難航中

農薬が発生源であることはおそらく確かであるものの、どの農薬が問題なのかは未だ特定仕切れていない。日本の研究チームはネオニコチノイド系農薬の疑いを指摘し、ヨーロッパで使用禁止とされたのだが、残念ながら劇的な回復には至っていない。

世界的な食料供給に影響も?

蜂が減ることで大きな打撃を受けるのは養蜂業者だけにあらず。もうひとつ重要な影響、それは植物の受粉。穀物や野菜、ナッツの中には、蜂が運ぶ花粉を頼りに受粉を行い、増えるものが数多くある。

蜂が極端に減少してしまうことは、食糧供給にも多大な影響を及ぼす可能性が・・・。経済的な損失はアメリカだけで約12億円にもなると言われている。


自然はさまざまな要素が複雑に絡み合い、絶妙なバランスの上に成り立っている。その均衡を取り戻すことが先決なのかもしれない。

Reference:PLOS ONE
他の記事を見る
2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
農家の人たちは農薬を使う代わりに、花を植えた方がいいかもしれない。これは、フードエディターのWilly Blackmore氏の意見だ。Blackmore氏...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
蜂が出てくる夢には、一体どんなメッセージが込められているのでしょう。蜂といっても、蜂そのものが出てくるパターンと、蜂の巣、さらに蜂蜜(ハチミツ)が出てくる...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材...
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
ノストラダムスの予言やマリア像が血の涙を流すとか、本当ともウソともつかない現象が世の中にあふれています。もしかしたら、これもそういった部類のものかもしれま...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...