ハチのいない食卓はこんなに粗末なものになる

一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材が、今よりもっともっと制限されたとしたら…。

こんな仮説が現実となるのかいなか、その境界線に「ハチ」の存在があります。減少を続ける世界のハチに、あるホテルが立ち向かう。まずは、「もしも」の世界を直感的に味わっていきましょう。

色のない食事は味気ない。
もしも、ホテルの食事がこんなだったら…

トーストの上から消えるマーガリン、グラノーラはずいぶんとボリュームダウンしたばかりか、ベリー類やアーモンドが姿を消しました。飲みものに関してはどちらも空。

同様にランチも、ディナーも、デザートも。じつはこれ、「ハチが世界からいなくなってしまった場合の食卓」を比較するためにつくられたもの。

ほんの一例ですが、世界で栽培されているブルーベリーのほとんどが、マルハナバチとミツバチによる受粉で成長するそう。オレンジも、ひまわり油も、コーヒー(一部は自家受粉もホテルで提供するものとなると)も、食料品がどれほどハチに依存しているかが分かります。

しかも、ハチがいなければ食べものの味さえ粗末になるんだとか。もちろん、こうした生産物が完全に消えて無くなるわけではないでしょう。だとしても、まず間違いなく価格は高騰、入手困難に。

世界から消失するミツバチに
企業努力で立ち向かうホテルがある

2006年ごろより報告され始めたという、ミツバチたちの原因不明の大量疾走、蜂群崩壊症候群(CCD)は現在にいたるまで、世界各地で報告され、その原因も一部を除いては特定されないまま。

このまま世界からハチがいなくなってしまったら、私たちの日常にどんな影響が出るのか?それをホテルで提供される食事でもって表現したのが、アメリカ、カナダを中心に世界展開するフェアモントホテル&リゾート(以下フェアモント)です。同ホテルはCSR(企業の社会的責任)がビジネススローガンとなるずっと前(約25年前)から、環境問題への取り組みにフォーカスしてきた企業なんだとか。

お客様はハチです。
一流ホテルの環境に対するホスピタリティ

過去数年間、個体数の減少を止められないままのハチに対し、いかに持続可能な方法で群生コロニー再建のためのアクションを起こせるかにある。フェアモントはそこに着目しました。

こうして2014年に建設を始めたのが、ハチのためのホテル「Bee Hotel(ビーホテル)」。ハチだって大切なお客様?ということなのでしょう、ホテルの屋上に巣箱を設置すると同時に、屋上庭園を増築、現在までに世界40カ国以上のホテルでビーホテルを“運営”を始めました。多くのハチがもたらすローカルハニーの採取という副産物まで手に入れることができたそうですよ。

ボストンの「Fairmont Copley Plaza」の屋上ハーブガーデン脇に設置された3つのビーホテル。中にはおよそ13万匹が暮らしている。

モントリオールの中心街に建つ「Fairmont The Queen Elizabeth」。こちらは隣接するシェフご自慢のオーガニックガーデンだけでなく、市内の庭園の受粉にも、ミツバチたちが一役買っている。

ハチの危機にホテルが立ち上がる。直接的な関係がなくても社会の問題に企業が動く典型的な例。現在、フェアモントは世界各地の団体と協力、パートナーシップを結び、さらなる保護活動に尽力していことを強調します。

以下の動画は、同ホテルのホスピタリティが、人間だけでなくハチにも傾けられていることが分かる内容に、ちょっと口角が上がってしまいました。

Licensed material used with permission by Fairmont
ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られるゴールデンハー症候群。顔にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。スロバ...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
イラストレーターとして活躍するArt Yeuh! Studioは、「空白不安症候群」を患っています。初めて聞く名前の人も多いと思うのですが、これは精神障害...
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
休日が終わることへの不安やちょっとした恐怖。こんな気持ちになるのは、何も日本人だけじゃない。この哀愁ただよう日曜日の原因と解決策を丁寧に紹介してくれている...
ロキタンスキー症候群と呼ばれる疾患を聞いたことがありますか?女性として生まれながら、膣の一部、または全部が欠損している膣欠損症の一種です。ここに紹介するの...
久しぶりに、大きな流星群が訪れます。
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
アメリカの中西部に位置するミズーリ州のローレンス郡というエリアで、ある男性が違法に鹿を殺害したことを理由に逮捕されました。裁判官は禁錮1年の判決を下し、さ...
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
。2018年初の流星群「しぶんぎ流星群」が、訪れる日だから。『流星電波観測国際プロジェクト』によると、見頃は4日に日付が変わってすぐ、0:00~夜明け!た...
しし座流星群は一気に出現率が下がり、1時間あたり数個~10個程度まで落ち込んでいた近年。もうすぐ出番の季節ですが、今年の予想は?「流星電波観測国際プロジェ...
虫嫌いなら拒絶すること間違いなしですが、専門家が「養蜂」を真剣に考えた結果生まれたものなんです。
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
みずがめ座δ流星群は、流れ星の数はそれほど多くはないものの、強い光でゆっくりと尾を引く比較的見やすい流星群。今年はかなりの好条件が揃っています。一番のピー...