あなたが自然と触れ合うべき「7つのワケ」。実は病気になりにくくなる!?

ライターSteven Bancarz氏が、自然がもたらす不思議な力を「Spirit Science and Metaphysics」にまとめています。
都会に住んでいると、少し緑を見ただけで癒される感覚がありますよね。でも、この記事によると精神的なメリットだけでなく、肉体的にも多くのメリットがあるようです。研究結果を基にした主張をチェックしておいて損はないかも。

get-out-in-nature150817-0091

※Written by : Steven Bancarz


人間は自然に属して生活しています。ビーチ、森林、滝に行くとすぐに気持ちよく感じるのは偶然ではありません。自然は地球上で最も強力な薬の一つで、単なる目の保養以上の効果がたくさんあるのです。
これからそのうちの7つを紹介します。

get-out-in-nature150817-006

01.
心臓や肺の健康につながる!

get-out-in-nature150817-991

予防医学アメリカンジャーナルの研究で、木が消失したエリアに住んでいると、心臓病や呼吸器疾患での死亡率が高まることが判明した。

02.
ストレスホルモンを低下させる

緑が多い地域に住んでいる人は、ストレスホルモンとして知られているコルチゾールの量が少なく、彼らが自己申告したストレスは都市部で生活している人よりも少なかった。

03.
“セラピスト”としての役割も

get-out-in-nature150817-004

自然の中を歩くことで、フラストレーションが減少する。そして、物事により没頭でき、頭がすっきりし、集中力と肯定的な感情を高めることができる。

04.
睡眠特性が改善する

森林の中で二時間ウォーキングすると睡眠特性を改善させることができる。睡眠特性とは、実際の睡眠時間や睡眠の深さ、質のこと。

05.
よりよいストレス管理が
実現できる

get-out-in-nature150817-001

植物や緑豊かな環境での生活は、ストレスを減少させる。自身のストレス管理の改善につながるはず。

06.
脳の疲労が減少し、
冷静でいられる

自然の中を歩くと脳の疲労が減少する。実験を行なった結果、車の多い都市部を歩いている時の脳は、公園の中を歩いた時に比べて、周りに気を配り、イライラし、興奮した状態だった。
また、千葉大学のJuyoung Lee氏は、リラックスして森を散歩することは、街中を歩くことと比較して、ストレスホルモンのコルチゾールを12.4%、交感神経活動を7%、血圧を1.4%、心拍数を5.8%減少させたことを発見した。

07.
病気と戦うNK細胞を
増加させる!

get-out-in-nature150817--018

自然の中を散歩することで、疾患と戦うNK(ナチュラルキラー)細胞が増加する。ある集団がハイキングに行くと、血液検査でNK細胞が40%増加したことが判明。一ヶ月後、彼らのNK細胞数は歩き始めた頃と比較して15%高いままだった。対照的に、都市をウォーキングした場合は、NK細胞の数は変化しなかった。

舗装された道路やテクノロジーによって支配された世界では、より多くの時間を手付かずの自然の中で過ごすべきだと思う。

Source:Spirit Science and Metaphysics
About the author: Steven Bancarz is the creator of ‘Spirit Science and Metaphysics’.
For more articles by him visit his website at www.spiritscienceandmetaphysics.com.
You can also find him on Twitter and YouTube.

 

体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
ここに紹介するのは、あなたの幸せを壊すストレスの兆候。もし当てはまっているのなら、もう無視しないで。ストレスと付き合っていくためには、「何が危険信号なのか...
「ストレス」を甘くみてはいけません。なぜなら、日々の生活や人生を狂わせてしまうほどの負の威力を持っていると言われているからです。Elliot Caleri...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
大人になり都会で生活をしていると、自然に触れる機会は減ってしまいがちです。しかし、たまにアウトドアでキャンプなどをすると、代謝が上がったり、気持ちが晴れや...
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
人間の血液型の中で最も古いのはO型。狩猟民族がルーツだなんて言われています。さらに「 WorldTruthTV」の記事によると、この血液型特有のかかりやす...
よく悪い病気には必ず兆候があると言われます。あなたに向けて身体が発する、このSOSに気づくか否かは、大病を未然に防ぐという意味でも大切なこと。ライターSa...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...