医師が教える!「風邪をひきたくない」なら知っておくべき5つのこと

日に日に寒さが厳しくなり、空気が乾燥するこの季節。

新型コロナウイルス感染症やインフルエンザはもちろんですが、同時に毎度さまざまな症状で私たちを苦しめる「風邪」にも気をつけなければなりません。

なぜなら、新型コロナの症状と、風邪の症状を素人が見分けるのは難しく、ただの風邪だったとしても社会・経済活動を制限しなければならなくなってしまうから。

ということで、「風邪にかからないためにできること」「万が一かかってしまっても、悪化させない方法」を併せてご紹介します。

風邪をひかない5つの習慣

まず紹介するのは、日常的な習慣の話。

体調を崩す原因となるウイルスや細菌の侵入を防ぎ、かつ侵入されてもすぐ撃退する方法を習慣付けておけば、風邪の諸症状に見舞われる回数を激減させ、症状が現れたとしても軽いモノで済ますことができます。 

今回紹介している5つの習慣はどれも基本的なことですが、改めて見直して生活に取り入れると、この冬、つらい風邪の諸症状で悩まされることなく快適に過ごせるかもしれません。

 

詳しく読む>>>

風邪の「予防にいい食べ物」

手洗いやうがいも大事ですが、じつは食べ物からも風邪の予防ができるんです。

では、どんな食べ物が風邪の予防に役立つのでしょうか? 

普段の食事に取り入れたい免疫力アップ食材だと、たとえば亜鉛を豊富に含んだ「牡蠣」やチーズ、卵黄など。身体を温める食材では、生姜や唐辛子などがあります。

 

詳しく読む>>>

「初期風邪」を
悪化させない10のコツ

それでも「風邪っぽいな」の症状が出てしまったら、とにかくひき始めの対処が肝心です。

風邪のひき始めには、身体のなかの比較的弱いところに症状が出ることが多いといわれています。たとえば、普段から鼻が詰まりやすい人は鼻水や鼻詰まり、熱が出やすければだるさや寒気、微熱など、人によって異なります。 

この症状を放置して、無理して睡眠時間を削ったり、暴飲暴食や偏食を続けたり、深酒をしたり、入浴後に湯冷めをしたり、寒い部屋でうたたねをしたりすると、本格的に風邪を引いてしまうことに......。

風邪を悪化させないために日常生活で気を付けたい10のコツを紹介します。

 

詳しく読む>>>

「のどの痛み」を癒す
5つの裏ワザ

風邪をひいてのどを痛めてしまうと、話そうとしても声がかすれてしまったり、食べ物を飲み込むのも一苦労……なんてことがありますよね。 

のどが痛いときに、薬を飲むこと以外で、自宅で手軽にできるのどの痛みの癒し方って?

なかには「マシュマロを食べる」「焼いたネギをのどに巻く」といったユニークな方法も......。

 

詳しく読む>>>

風邪を引いたとき……「お風呂」
に入らない方がいい?

©n/a

風邪をひいたときでも、お風呂に入りたい、あるいはシャワーでさっぱりしたいと思うことがありますね。でも、それで風邪がぶり返してしまうことはないのでしょうか?発熱したときはどうなのでしょうか?

どうやら絶対に駄目というわけでもないようなのですが、熱の具合やその他の症状、年齢や持病の有無などによって、ケースバイケースのよう。

さらに、入る場合には、湯冷めや水分補給など気をつけなければならないこともあります。

 

詳しく読む>>>

Top image: © iStock.com/Cecilie_Arcurs
風邪をひいた友だちに、何か手土産を持っていきたい。そんなときにぴったりのギフトボックスがありました。12種類もの「風邪のときにあったら嬉しいアイテム」が詰...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。
大人気そうめん専門店「そうめん そそそ」から、こだわりの新商品「So-men Box set」が登場。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Little Things」より、風邪をひいた後の対処法を紹介します。といっても、ライターPhil Mutz氏のセレクトはあくまでアメリカ流。日本人には...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
主演のサラ・ジェシカ・パーカーがInstagramにアップしたティザーに、ファンは大興奮!
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
2月7日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「The Couch Console」は、ソファの上でくつ...
コンセプトを“世界とつながる”から“ウェルネスを届ける”と変更して、スマートホステル「&AND HOSTEL KURAMAE WEST」が今月13日(水)...
頬に触れる空気も乾燥して、張り詰めたような寒さの冬がやってきました。この時期、風邪の予防にもおすすめなのが「焼きネギ」です。焼くだけでとろっとろの食感が楽...
風邪、喘息、口内炎…多くの病気の原因は、カラダに蓄積している「毒素」が大きく影響していると言われています。その「毒素」をカラダから排出して体調を整えるため...
『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養両方専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる...
「もしかして、これって病気?」なんて時に、適切な判断ができるかどうかは、生死を分ける可能性があります。今回は『モノの見分け方事典』より、病気や体の不調のサ...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。