全ての現代人に!「温・冷水」で目をリラックスさせる新デバイスがすごい

パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」というみなさんには要チェックのプロダクト、「Aurai」が登場。注目したいのは、「冷水と温水」を使った、新しいマッサージ機能だとか。

疲れや炎症系の痛みには
「冷水モード」

B8749750a3ac3de461c96e242410390309ed6944

アイマスクのようにセットする「Aurai」は、冷水モードと温水モードを使い分けて目のケアができるそう。パソコンの見過ぎなどでまばたきの回数が減り充血した時は「冷水モード」が大活躍。さらに、クマができたときやアレルギー性のかゆみなどにも効果的だとか。

リラックスしたいときは
「温水モード」

逆に、目元を温めると血液の循環が促進されるので、ドライアイや目が緊張して寝つきにくいときは、「温水モード」でリラックスしましょう。目に十分な酸素を送り、老廃物を押し流す効果が期待できるそうです。

NASAも
同じ技術を採用!?

9b498c1c1a32bbdabbbc0ac5c551ce3615887cfc

Aurai」のマッサージシステムは、水の振動を使用。振動は血行を良くして代謝を促進、ストレスを緩和してくれます。実はあのNASAでさえも、宇宙飛行士の筋肉低下を防ぐために同様の技術を採用しているとか。

49765e8bb70802c028eaa1c2621a3de7800823b0

また、「Aurai」はウォーターバッグデザインという技術を採用し、どんな人種や年齢の人の顔の形にも気持ち良くフィットするそうです。

Bde5e66b8001e46bc9d58aabab88890ce4ae50e6

一日中PCやスマホとにらめっこするような生活をしている人には必須アイテムになるかもしれない「Aurai」。日本から購入する場合は、シッピング料も込みで150ドルほど(約1万6,000円)。さらなる詳細は、KICKSTARTERをチェックしてみては?

Licensed material used with permission by Aurai
ストレスを感じたとき、ちょっと落ち着きたいとき、考えをまとめたいときに触ってリラックスするためのタマゴ型アイテム。
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
目の疲れって首や肩、腕の痛みにも繋がるなんて言われていますよね。なんとかしたい!「Little Things」のフィル・マッツ氏は医学情報サイト「WebM...
眼球疲労が溜まるばかりの毎日。せめて“こんな癖”をなおしてくことで、目をいたわってあげましょう、と提案するのは「Little Things」のKate T...
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
ナチュラル派が支持するリラックス法の1つがアロマテラピー。匂いをかぐことででほっとしたり、やる気が出たりしますよね。いつでもどこでも気持ちを休めたいという...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
これは心拍数の高まりを抑え、血圧を下げ、肌の老化につながるコルチゾールを減少させると科学的に証明された曲。<世界で一番リラックスできる音楽>と呼ばれている...
東京から岡山に移住して1年半。 吉備中央町をベースに、月1~2回は長距離バスで東京へ……というワークスタイルです。当初は「移動時にこれがあったら便利かもし...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
目が見えない人の世界を想像しようとしてみても、なかなかうまくイメージできないかもしれません。まったく見えない状態で生活している人は、周りの情報をどうキャッ...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
足つぼマッサージ、リフレクソロジー、フットケア。健康を左右するカギは足裏にある、というのは定説。ライターPhil Mutz氏が医療情報サイト「WebMD」...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
全神経を集中させる、積み石ゲームの開始です。
ベラルーシのデザイナーLesha Limonovさんが作ったアイマスクは、お札をモチーフにしたもの。
仕事や私生活で長い間ストレスを感じる時、「簡単に不安を解消できる方法があれば…」と思うことはないだろうか?ついに見つけてしまいましたよ。食べるとリラックス...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...