ボタン付けの手間をテクノロジーではなく、アイデアで解決

いざ出かけようってときに洋服のボタンが外れてたりすると、ちょっとヘコみますよね。付け直すのも着替えるのも面倒だし。

手先の器用な人ならいいけれど、慣れてないとけっこう時間のかかるボタン付けの作業、これが近い将来なくなっちゃうかもしれない、アイデア商品のご紹介。

そうきたか!
結束バンドでボタンを固定

6047704962564096
©FAST BUTTON
4743318160277504
©FAST BUTTON
6023441215913984
©FAST BUTTON

ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。イタリアのメーカーが開発しました。ボタンを止めているのは結束バンドです。

なるほど、確かにこりゃカンタンには取れそうにない。それに取り付けも楽チンそう。結束バンドの先端が針になっていて、ボタンの裏から直接衣類にぶすっ。ボタンんの穴を通して裏で余分な長さを切れば完成というんだから。

さらば、ボタン付け

4684247327571968
©FAST BUTTON
4815240072003584
©FAST BUTTON

なんでも、針はプラスチック製で飛行機内への持ち込みもOKだとか。かばんひとつ忍ばせておけば、いざというときも安心。一度しかボタン穴を通さないうえに、可能な限り細く仕上げたようだから、布地を傷つける心配も無用だとか(本当?)。

一度引き出した分は戻らないという、結束バンドの特性を活かしたアイデア商品。コレいいと思うんだよなぁ〜。

Top image: © FAST BUTTON
Reference: FAST BUTTON
貝ボタンと言ったら、平たくて丸い洋服についているボタンを思い浮かべますよね?でも、私の持っている貝ボタンは、いわゆるボタンの形をしていません。全体的に細長...
もうお気づきの人も多いでしょう。1月14日、フェイスブックの「いいね!」ボタンが進化しました。え、まだ知らない?試しにボタンを長押ししてみて!フェイスブッ...
2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。Like(イイ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
良いアイデアがいつ思い浮かぶかなんてわからないもの。メモを取りたい時に、スマホを起動する手間が惜しかったり、両手が塞がっていたりすることもあります。入力に...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
「PolarSeal」は、腰と背中が物理的に発熱する仕様。袖口のボタンを押すことで、、低温、中温、高温を調整し、「腰だけ」「背中だけ」「両方」を切り替えれ...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
こんなに近くにあったのに、知らなかった?
体温調整は健康を維持するための大切な要素。ですが、寒暖差が激しい季節の変わり目なんかは、とくに管理が難しいものです。冬本番で冷え性に悩まされているという人...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたら...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示され...
2014年から、カップルで旅をしているAndrewさんとAdrienneさん。今では世界中を転々としながら、彼らが立ち上げた、ファッション企業「The R...