ボタン付けの手間をテクノロジーではなく、アイデアで解決

いざ出かけようってときに洋服のボタンが外れてたりすると、ちょっとヘコみますよね。付け直すのも着替えるのも面倒だし。

手先の器用な人ならいいけれど、慣れてないとけっこう時間のかかるボタン付けの作業、これが近い将来なくなっちゃうかもしれない、アイデア商品のご紹介。

そうきたか!
結束バンドでボタンを固定

©FAST BUTTON
©FAST BUTTON
©FAST BUTTON

ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。イタリアのメーカーが開発しました。ボタンを止めているのは結束バンドです。

なるほど、確かにこりゃカンタンには取れそうにない。それに取り付けも楽チンそう。結束バンドの先端が針になっていて、ボタンの裏から直接衣類にぶすっ。ボタンんの穴を通して裏で余分な長さを切れば完成というんだから。

さらば、ボタン付け

©FAST BUTTON
©FAST BUTTON

なんでも、針はプラスチック製で飛行機内への持ち込みもOKだとか。かばんひとつ忍ばせておけば、いざというときも安心。一度しかボタン穴を通さないうえに、可能な限り細く仕上げたようだから、布地を傷つける心配も無用だとか(本当?)。

一度引き出した分は戻らないという、結束バンドの特性を活かしたアイデア商品。コレいいと思うんだよなぁ〜。

Top image: © FAST BUTTON
Reference: FAST BUTTON
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
貝ボタンと言ったら、平たくて丸い洋服についているボタンを思い浮かべますよね?でも、私の持っている貝ボタンは、いわゆるボタンの形をしていません。全体的に細長...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
もうお気づきの人も多いでしょう。1月14日、フFacebookの「いいね!」ボタンが進化しました。え、まだ知らない?試しにボタンを長押ししてみて!Face...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。Like(イイ...
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
どんなスタイリングにもマッチする「ダッフルコート」の「トグルボタン」に秘められた歴史とは?
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。