ボタン付けの手間をテクノロジーではなく、アイデアで解決

いざ出かけようってときに洋服のボタンが外れてたりすると、ちょっとヘコみますよね。付け直すのも着替えるのも面倒だし。

手先の器用な人ならいいけれど、慣れてないとけっこう時間のかかるボタン付けの作業、これが近い将来なくなっちゃうかもしれない、アイデア商品のご紹介。

そうきたか!
結束バンドでボタンを固定

©FAST BUTTON
©FAST BUTTON
©FAST BUTTON

ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。イタリアのメーカーが開発しました。ボタンを止めているのは結束バンドです。

なるほど、確かにこりゃカンタンには取れそうにない。それに取り付けも楽チンそう。結束バンドの先端が針になっていて、ボタンの裏から直接衣類にぶすっ。ボタンんの穴を通して裏で余分な長さを切れば完成というんだから。

さらば、ボタン付け

©FAST BUTTON
©FAST BUTTON

なんでも、針はプラスチック製で飛行機内への持ち込みもOKだとか。かばんひとつ忍ばせておけば、いざというときも安心。一度しかボタン穴を通さないうえに、可能な限り細く仕上げたようだから、布地を傷つける心配も無用だとか(本当?)。

一度引き出した分は戻らないという、結束バンドの特性を活かしたアイデア商品。コレいいと思うんだよなぁ〜。

Top image: © FAST BUTTON
Reference: FAST BUTTON