運転中の「まさか!」にワンボタンで対応のドラレコが心強い

「パイオニア」が11月の一般販売に先駆け、応援購入サービス「Makuake」「ドライブレコーダー+(プラス)」を先行販売中。期間は10月30日まで。

プロジェクト公開からわずか10時間で目標金額に到達した注目のアイテムは、国内市販モデルでは初となる緊急通報機能をもった通信ドライブレコーダーだ。

このドラレコがボタンひとつで接続する先は「JAF(日本自動車連盟)」と日本緊急通報サービスの「HELPNET」と連携しており、救急警察JAFロードサービスへの救援要請が可能に。

万が一、事故トラブルが起きた際は、オペレーターに通報することで“リアルタイム”にトラブル解消をサポートしてくれる。

近ごろ話題の“あおり運転”に遭遇し、携帯電話での通報がままならないときも、赤い「緊急通知キー」をワンプッシュすればコールセンターへ通報。

通信機能を搭載したドラレコだからできる「お守り」「見守り」のサービスは、緊急時には判断もつかなくなる「どうしよう......」の先もカバー。

ドライバーにかつてない安心安全を提供してくれる画期的なアイテムといえるだろう。

©Makuake
© Pioneer Corporation PR /YouTube

『緊急通報機能付き通信ドライブレコーダー「ドライブレコーダー+」
【Makuakeプロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/driverecorder-plus/
【先行応援購入期間】~10月30日(金)

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事