文字と音で危険を警告。どんな車にも搭載可能な「運転支援」デバイス

運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買い換えるまでは…。大丈夫、どんな車にも搭載できる、運転支援デバイスがありました。

カーナビ&安全機能
スマホ連動型ドライブシステム

Pyrenee社によって現在開発中の「ピレネードライブスクリーン」は、どの車にも搭載可能な運転支援デバイスです。運転席前のダッシュボードに設置するだけ。これをスマホとつなげることで、透過スクリーンにスマホ画面を表示させます。また、スマホの音声機能を使うことで、アプリを起動することも可能。ナビを使ったり、音楽を流したり、もちろん通話だってOK。

ですが、これだけでは従来のポータブルカーナビとさして変わりはありません。このデバイスの真骨頂は、あくまで「運転支援」にあるのです。

車載カメラがモニタリング
文字と音で危険を警告

たとえばこの映像。前を行く車との車間距離が狭くなれば、透過スクリーン上に「衝突注意」のアラート文字と警告音が。ドライバーに告知させ、回避行動を促します。

自動車事故の原因の7割は、ドライバーの不注意によるものだそう。危険を未然に防ぐには、早い段階でドライバーに危険のサインを警告できれば、多くの事故は回避できる。その考えのもと、ピレネードライブスクリーンは、ユニットに設置された前方を映し出すカメラがリアルタイムに、歩行者や他の車の距離や、位置関係を認識し、常にモニタリング。危険予測をいち早くドライバーに伝えてくれます。

実際に設置したイメージがこんな感じ。透過スクリーンに映し出すことで、手元のスマホ画面に目を落としたり、わき見運転をするなく、ドライバーは前を向いたまま、いろんな情報を確認できるというスグレモノ。

2016年内に発売予定!

2015年、日本最大級のハードウエアコンテスト「GUGEN2015」で優秀賞を受賞。現在、2016年内の発売を目指し開発中とのこと。価格は39,900円を予定しているんだそう。こうした運転支援システム技術の向上が、多くの事故を未然に防いでくれているのかもしれませんね。

IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
来夏を目処に、自動車メーカー「HONDA」が高速道路の渋滞時に自動車の運転をシステムに委ねられる高級セダン「レジェンド」の発売を予定。
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
茨城県の境町にて、自動運転バスの運行が開始される。同バスは市内の公共施設を廻るインフラ的な役割を果たすとともに、全国へのサービス拡大のモデルケースとしても...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
「かぼちゃ」じゃなくて「メロン」でできたジャック・オー・ランタンがおいしそう!ケーキ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」から、マスクメロン...
4月7日、ソフトバンクグループも出資している自律走行車のスタートアップ「Nuro」が、アメリカ・カリフォルニア州におけるテスト走行の許可を得たと発表。
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
彼らが打ち出したのは「Face It Down」というアプリ。これを起動させたスマホを下に向けてドライブを始めれば、走行距離に応じて、ポイントが加算され、...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
日産自動車が「確実にカップインするゴルフボール」というキャッチコピーのゴルフボール「ProPILOT GOLF BALL」を開発し、8月22日にコンセプト...