文字と音で危険を警告。どんな車にも搭載可能な「運転支援」デバイス

運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買い換えるまでは…。大丈夫、どんな車にも搭載できる、運転支援デバイスがありました。

カーナビ&安全機能
スマホ連動型ドライブシステム

Pyrenee社によって現在開発中の「ピレネードライブスクリーン」は、どの車にも搭載可能な運転支援デバイスです。運転席前のダッシュボードに設置するだけ。これをスマホとつなげることで、透過スクリーンにスマホ画面を表示させます。また、スマホの音声機能を使うことで、アプリを起動することも可能。ナビを使ったり、音楽を流したり、もちろん通話だってOK。

ですが、これだけでは従来のポータブルカーナビとさして変わりはありません。このデバイスの真骨頂は、あくまで「運転支援」にあるのです。

車載カメラがモニタリング
文字と音で危険を警告

たとえばこの映像。前を行く車との車間距離が狭くなれば、透過スクリーン上に「衝突注意」のアラート文字と警告音が。ドライバーに告知させ、回避行動を促します。

自動車事故の原因の7割は、ドライバーの不注意によるものだそう。危険を未然に防ぐには、早い段階でドライバーに危険のサインを警告できれば、多くの事故は回避できる。その考えのもと、ピレネードライブスクリーンは、ユニットに設置された前方を映し出すカメラがリアルタイムに、歩行者や他の車の距離や、位置関係を認識し、常にモニタリング。危険予測をいち早くドライバーに伝えてくれます。

実際に設置したイメージがこんな感じ。透過スクリーンに映し出すことで、手元のスマホ画面に目を落としたり、わき見運転をするなく、ドライバーは前を向いたまま、いろんな情報を確認できるというスグレモノ。

2016年内に発売予定!

2015年、日本最大級のハードウエアコンテスト「GUGEN2015」で優秀賞を受賞。現在、2016年内の発売を目指し開発中とのこと。価格は39,900円を予定しているんだそう。こうした運転支援システム技術の向上が、多くの事故を未然に防いでくれているのかもしれませんね。

IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
この4種類をデスクに常備しています。
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
彼らが打ち出したのは「Face It Down」というアプリ。これを起動させたスマホを下に向けてドライブを始めれば、走行距離に応じて、ポイントが加算され、...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
原作・文 つちやみ イラスト マッチロ 毎週水曜日に更新中
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...