酔っ払ったのでクルマは置いて帰った。翌日、予想外の手紙が…

カナダ在住のPaula Grzelak-Schultzさんは、夫と一緒に「オリジナル・ジョー」というレストランで食事をしたあと、車を置いてUberで帰りました。お酒も飲んでいたので、飲酒運転になってしまうから。

翌日「駐禁、切られてないかな…」「レッカーされてたらどうしよう…」とドキドキしながらお店の駐車場に戻ると、一枚の紙がワイパーに挟まれていたのです。オリジナル・ジョーの店員からの手紙でした。

怒られると思いきや

Add695c3e48cdb03a44321d4c91a154ba8818a9b

「駐車場に車を置いていくなんて迷惑だ!」と怒られるかと思いきや、そこに書いてあったのは意外なメッセージでした。

オリジナル・ジョー シャーウッド店にお越しのお客様へ

車を置いて帰っていただき、ありがとうございます。うちのレストランでお酒を飲んだかどうかはわかりませんが、お客様が飲酒運転をされなかったことにとても感謝しています。この手紙と一緒に、おいしいチキンのクーポンを挟んでおきました。これは私たちからのプレゼントですので、ぜひ受け取ってください。命はかけがえのないものです。素敵な週末を。

オリジナル・ジョー シャーウッド店
Jay McLean

Paulaさんは嬉しさのあまり、Facebookにこの手紙のことを掲載したところ、多くの人の共感を集め、8,000シェア、20,000いいねがつきました。

飲酒運転、絶対ダメ

1b1baeec2585fd1074d2be9d45daf751e3166125

日本でも、飲酒運転撲滅を謳うポスターを飲食店などで見かけることが多いでしょう。もちろん事故の恐ろしさを伝えることも大切ですが、このお店のような心あたたまる方法もあるのかもしれませんね。いずれにせよ、飲酒運転は絶対にやってはいけないこと。

オリジナル・ジョーの店員さんも手紙にしたためたように、かけがえのない命を大切にしたいものですね。

Licensed material used with permission by Paula Grzelak Schultz
3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
彼らが打ち出したのは「Face It Down」というアプリ。これを起動させたスマホを下に向けてドライブを始めれば、走行距離に応じて、ポイントが加算され、...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
とある交差点の様子を写した写真が、Twitterで話題です。なんでも、自動車の運転が苦手な人は、なかなかこの“違和感”に気付けないのだとか。さすがにみなさ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...