全部で7種類!Facebookが「いいね!」以外のボタンを発表

2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。

全7種類!

Meet the new Reactions.

Posted by Mark Zuckerberg on Thursday, 8 October 2015

Like(イイネ)とLove(ハート)のほか、以下の顔文字が使用可能になる。

・Haha(大笑い)

・Yay(笑顔)

・Wow(驚き)

・Sad(悲しみ)

・Angry(怒り)

実際の使用感は以下のとおりだ。従来の「Like」ボタンを長押しすることで他の感情表現が選択できる。

Today we're launching a test of Reactions -- a more expressive Like button. The Like button has been a part of Facebook for a long time. Billions of Likes are made every day, and Liking things is a simple way to express yourself.For many years though, people have asked us to add a "dislike" button. Not every moment is a good moment, and sometimes you just want a way to express empathy. These are important moments where you need the power to share more than ever, and a Like might not be the best way to express yourself.At a recent Townhall Q&A, I shared with our community that we've spent a lot of time thinking about the best way to give you better options for expressing yourself, while keeping the experience simple and respectful. Today we're starting to test this.Reactions gives you new ways to express love, awe, humor and sadness. It's not a dislike button, but it does give you the power to easily express sorrow and empathy -- in addition to delight and warmth. You’ll be able to express these reactions by long pressing or hovering over the Like button. We’re starting to test Reactions in Ireland and Spain and will learn from this before we bring the experience to everyone. We hope you like this – or can better express how you’re feeling!

Posted by Mark Zuckerberg on Thursday, 8 October 2015

ザッカーバーグCEOのコメントを一部紹介する。

「Facebookでは、1日に億を超えるLikeが押されています。とてもシンプルに感情を表現出来る方法です。

これまで多くの人に『Dislike(よくないね)』ボタンの追加について聞かれてきました。確かに、すべての瞬間が素敵なことばかりとは限りません。時折、共感を示すためにボタンを押すことだってあります。その時に、『Like』はベストな方法にはならないでしょう。

これまで、シンプルかつ礼儀のある方法でよりよい表現ができないかと方法を模索してきました。今日はそのテストを始める日です。

まずはアイルランドとスペインでテストし、それから全員へと使ってもらおうと思います。皆さんが気に入ってくれることを、そしてみんなが感情をもっとうまく表現できるようになることを祈ります!」

投稿にはこんな意見が。

「それでも『Dislike』ボタンが欲しい!」

「『Dislike』よりよっぽどいい選択肢だ」

「なんで『Dislike』ボタンが必要なの?押さなきゃいいだけじゃん」

感情表現が豊かになることでFacebook上のシェアにどんな影響が起きるのか、まずはアイルランドとスペインのユーザー体験に注目だ。

Reference:Mark Zuckerberg
Facebookが“人々が互いを気遣う気持ちを共有する手段”として「Careボタン」の導入を発表。Facebookアプリではハートをハグするような形、Me...
もうお気づきの人も多いでしょう。1月14日、フFacebookの「いいね!」ボタンが進化しました。え、まだ知らない?試しにボタンを長押ししてみて!Face...
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
11月5日、Facebookが新しい企業ロゴを発表した。
フェイスブックジャパンは、5月17日から19日の期間限定で「Facebook Café」を原宿にオープン。このカフェ、スイーツもドリンクも全部タダなんです。
ミリタリーアイテムに採用されている「パラシュートボタン」が誕生した理由とは?
Facebookの広報担当者は8月2日に「製品やサービスがFacebookの一部であることをより明確にしたい」と声明を発表。傘下にある2つのアプリ、Ins...
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
第一子誕生以降、育児休暇中のマーク・ザッカーバーグ。2016年1月25日、彼がFacebookに投稿した一枚の写真が話題を呼び、瞬く間に120万いいね!が...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
9月初旬、米「Facebook」は他人の投稿で見られる「いいね」の件数表示の廃止を検討していると明らかにした。
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は Facebookを生み出した若き天才について書かれた一冊をご紹介します。
ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
8月13日、アメリカの百貨店「Kohl’s」がFacebookと手を組んで、ミレニアル世代向けの新たなコレクション「Curated by Kohl’s」を...
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)。6月には、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換...
7月にアップデートされ9月に施行されたFacebookの「コミュニティ規定」について、今、多くの海外メディアが取り上げている。Facebook上で特定の絵...