もう、信号のボタンを「手」で押す必要はない!?

不特定多数の人が触れるボタンって、押すのに抵抗がある……。たくさんの人が同じようなことを考えているから、今、接触感染予防アイテムは注目の的だ。

ロンドンを拠点に活動するオランダ人デザイナーThor Ter Kulveさんが自身のInstagramで提案しているそれは、一般の人が購入できるわけではないのだが、自治体などに採用されることで手から口や目、鼻へのウイルスの転移のリスクを減らしてくれる。

ボタンを“足”で押せるのだ!

©2020 Thor Ter Kulve
©2020 Thor Ter Kulve

押しボタン式信号機に大きめのレバーを設置することで、手以外で押すという行為を可能にしている。足だけでなくひじを使ってもいいかもしれない。

なによりも高度なテクノロジーを導入する必要がないのが特徴だ。

ちょっとしたアイデアで接触感染のリスクを減らしてくれるこれは、日本の信号機にも応用できるだろうから、ぜひ採用されてほしい!

Top image: © 2020 Thor Ter Kulve
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
"ボタン"を押すのに少しためらってしまう今日この頃......。でも、そんな悩みがもう無用になるかもしれない!シンガポール発の企業「STUCK」がその解決...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。