もう、信号のボタンを「手」で押す必要はない!?

不特定多数の人が触れるボタンって、押すのに抵抗がある……。たくさんの人が同じようなことを考えているから、今、接触感染予防アイテムは注目の的だ。

ロンドンを拠点に活動するオランダ人デザイナーThor Ter Kulveさんが自身のInstagramで提案しているそれは、一般の人が購入できるわけではないのだが、自治体などに採用されることで手から口や目、鼻へのウイルスの転移のリスクを減らしてくれる。

ボタンを“足”で押せるのだ!

©2020 Thor Ter Kulve
©2020 Thor Ter Kulve

押しボタン式信号機に大きめのレバーを設置することで、手以外で押すという行為を可能にしている。足だけでなくひじを使ってもいいかもしれない。

なによりも高度なテクノロジーを導入する必要がないのが特徴だ。

ちょっとしたアイデアで接触感染のリスクを減らしてくれるこれは、日本の信号機にも応用できるだろうから、ぜひ採用されてほしい!

Top image: © 2020 Thor Ter Kulve
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
"ボタン"を押すのに少しためらってしまう今日この頃......。でも、そんな悩みがもう無用になるかもしれない!シンガポール発の企業「STUCK」がその解決...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。
3月16日、「Materialise」という3Dプリントを軸にビジネスを展開するベルギー企業が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、...
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
今年初めに公開された「パスポートランキング2020」では堂々の1位を獲得し、長い間「世界でもっとも信頼の高いパスポート」とされていた日本のパスポートだが、...
米国シアトルを代表する高級レストラン「Canlis」が3月上旬、SNSで新型コロナウィルスの対策による店舗の閉鎖と同時に発表したのは、新しいフードビジネス...
ドイツ・ミュンヘンを拠点とする企業「Semic RF」が新型コロナウイルスの感染を判断できるスマートフォン用アプリを開発。そう、必要なのはスマートフォンだけ。
イスラエル発の音声分析会社「Vocalis」が、新型コロナウイルスを音声で診断するアプリを開発中。近い将来、声だけで病気を発見してくれるシステムが完成する...
東京都が、3月4日に「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する情報を集約した公式対策サイトを開設。多方面から注目を集めている。
「LUSH」が、新型コロナウイルスの蔓延に伴い“手洗いサービス”を開放中。誰でも自由に利用することができ、商品を購入する必要はないという。
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
新型コロナウイルスによって変わった人々の日常を、くすっと笑えるユーモラスなイラストにして紹介。
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
Facebookが“人々が互いを気遣う気持ちを共有する手段”として「Careボタン」の導入を発表。Facebookアプリではハートをハグするような形、Me...