今年の手帳をまだ買ってない…!だからこそ享受できる特権。

「あ!まだ今年の手帳、買ってない!」

2018年も半月がすぎたというのに、はたと気づいてしまいました。それはこの手帳を見つけたから。クラウドファンディングサイト「Makuake」で一際目立っていたそれは、年末年始のバタバタに忙殺されていた人に希望を与えてくれる逸材。しかも、今年の手帳なのに、今から手に入れても十分大丈夫なんです!その理由は…。

使い始めるまで
少々お待ちを

5480863131238400

そもそもこの手帳は、台湾の人気手帳ブランドのDimacheとイラストレーターのHankのコラボ作品。台湾では、発売開始からわずか3週間で2500冊が完売したのだとか。そんな人気アイテムを、今回、日本向けに販売することに!そのため、カレンダーは4月始まりなのです。年始に手帳を新調しそびれてしまった人にはこれ以上ない配慮。

ページをめくる度に出会える
新しい色の世界

5694738141282304

この手帳の大きな特徴のひとつでもあるのが、色鮮やかさ。表紙からでも十分伝わってくるけれど、なんと中身も全ページにわたってイラストレーターのHankによる水彩の挿絵が描かれているのです。1ページとして同じページがないように、1日として同じ日はない、そんなメッセージのようにも受け取れるから不思議。

"紙"への飽くなきこだわり

5738090601644032

世の中で紙にこだわる人がどれだけいるかわかりませんが…この手帳の中紙は、あのほぼ日手帳の協力メーカー巴川製紙所生産のトモエリバー68g/m2を使用していると聞くと、「お?」と思う人もいるかも。万年筆やサインペン、水彩絵の具なんかを用いても裏までしみこんだりということがないのです。それも紙の魔法使いを目指しているDimancheというブランドのこだわり。

さて、何を書こう?

6694482376392704

手帳を持ち歩かなくなった…という声はよく聞きます。スケジュール管理もメモもスマホで事足りる今、あえて手帳に書くことって、一体なんだろう?

私なら…急に思いついた旅行先を記したり、隣のあの人にもらった嬉しい一言を綴ったり。あとは、今夜、食べたいご飯も書いておこう。1日として同じ日はないのだから、その時々、瞬間に感じたことを、その日の色が溢れたページに書きとめてみてはどうでしょう。

51751406482227204715048719089664

使う人の毎日をカラフルにしてくれる手帳は、5500円(税込)から「Makuake」で購入可能です。限定500冊なので、気になる方はお早めに。

Licensed material used with permission bymakuake
プライベートで書かれたあらゆる人間の手帳やノート、日記を収集する「手帳類収集家」。コレクションにはそれぞれの人生の痕が生々しく刻まれている。それぞれの想い...
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
スマホで管理したほうが便利っていうのはわかっているんですが、どうしても“書く”ということが、私にとっては記憶に残すために大切な行為で、スケジュールは今も手...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
米造形作家による作品です。
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...
おじゃましまーす!と、言いたくなるほど生活感あふれるミニチュアハウス。誰かが住んでるんじゃないかって思うくらい、住人の個性が出ている。Hank Cheng...
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
就職が決まったのをきっかけに、おしゃれなものが欲しいなと思って。だけどほら、そんなに安いものじゃないから、「いい眼鏡」って簡単には買えないでしょう。だから...
 写真という媒体を通して「性」と「自分のからだ」について探求し続けてるの。 というフォトグラファーRita Lino。過去に記事で紹介した『In Betw...
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
ガラケーからスマホに変わり始めたころ、家電量販店の「携帯電話アクセサリー」コーナーのさらに隅っこに、ひっそり置いてあった手帳型のスマホケース。こんなもの誰...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
STALOGY(スタロジー)〉っていうステーショナリーブランドを知っていますか? 粘着テープなどが有名な〈ニトムズ〉の製品をベースに、good desig...
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
「日常がなんだか物足りない」「今よりもっと楽しい毎日を送りたい」と思っている女性には読んで欲しい、というか読むべきです!ここでは、美LIFEクリエイターの...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。