スケジュールを減らすと手に入る「3つの変化」

「忙しい」が口ぐせで、それを言うたびに周りの人から「忙しいっていうのは心を亡くすって書くんだよ」とか言われて、さらにイライラ…。

カレンダーいっぱいに予定を詰め込むことで、充実した生活を送っていると思っているかもしれませんが、もしかして錯覚だったりしないですか?本当にやりたいことができていますか?

becomingminimalist」のライター、Melissa Camara Wilkinsさんがまとめたのは、予定を極力減らすことで得られるメリットについて。

D38c2901f9189dc7277d436fed5f4d69a00ecbb4

「元気?」

1週間の内に何度そう聞かれるだろうか。元気だろうとなかろうとみんな同じような答えをするもの。他に「忙しい?」というのもある。カレンダーはスケジュールで埋まっていて、みんな忙しいのも事実。

家の中から不要な物を処分すれば、物を探したり収納する時間が減るので自由な時間を見つけることはできる。でも、余った時間に予定を入れ続ける方法なんていくらでもある。誰だって、忙しくなれるのだ。

忙しくすることで自分の価値を感じる人もいる。でも、あなたに価値があるのは予定ではなく、自分そのものだ。忙しさがあなたの価値を決めるわけではない。ボランティアをしたり、友だちと過ごしたり。子どもがいれば、一緒に遊んだり授業参観に行ったり。ほとんどの人が分刻みで動いているが、まわりのみんなもやっているから気にならない。

「元気?」なんて聞くのはやめて、「どうやって全部こなしてるの?」と聞いたほうがいいのでは、とさえ思ってしまう。そこで最も重要なのは、その過程についてではなく目的を考えることなのだ。

それは本当にやりたいこと?

6cb3adac2073fc8d25dea59396cbc1de2577988b

「どうやって全部こなしてるの?」と聞く代わりに、「なぜこれを選択したのだろうか?」「これは家族や、自分の心を豊かにしてくれるのか?」「これは自分に向いているか?」と問いかけてみよう。

予定が目的と合っていれば、そのまま続けよう。でも、スケジュールを埋め尽くす予定が、自分の方向性と合っていなければすぐにやめるべき。みんながやっているから、というだけで活動することに意味はない。自分のために時間を使わなければ、なりたい自分になんていつまでたってもなれない。

スケジュールを減らすと
見えてくること

2fdb234a6877dd604b7d576890768186e6ed1fc4

いま忙しいと思っていることをすべてやめてみると、次のようなことが起こる。

01. 必要な物が減る

全ての活動にはそれぞれの服や靴、道具などが必要。自分にとって大切ではないことをやめると、望んでもいないガラクタが要らなくなる。

02. プレッシャーから解放される

活動が減ると、当然ストレスや出費も減る。渋滞や到着時間などへの心配も減り、毎日のプレッシャーから解放される。

03. もっとゆっくり呼吸する時間ができる

自由な時間が増えると、落ち着いて考えることができる。夢や成長のための時間、反省して次に活かす時間。カレンダーの空きスペースをみつけて、世界のどこで暮らし、どのように生きていきたいか考えてみよう。

忙しさに怠けず、それぞれの目的に従って生きよう。自分のことを大切にして、自分に合った生き方をしていくべきだ。

Licensed material used with permission by becoming minimalist
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
人生に迷うようなとき、まずは自分の心に耳を傾けられなければ、その先に続く幸せは手に入らない。現代哲学を代表するフリードリヒ・ニーチェは、自分の目を通して現...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
私たちは日々、数え切れないほどの広告に囲まれて生きています。テレビを見るとき、電車に乗るとき、ネットサーフィンをしているときも、至るところで「広告」を目に...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
今年は少し自分を変えて、よりハッピーになりませんか?でも重要なのは、それが手軽にかつ確実にで9きること。「Becoming Minimalist」のJos...
日本でも「断捨離」や「ミニマリスト」など、物を「捨てる」ことで本来の豊かさを求める人が増えています。しかし、生活を劇的に変化させてしまうと、それ自体がスト...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
結局のところ、幸せを得るためには何も壮大なことにチャレンジする必要なんてない。そう気付かせてくれたのが、「Becoming Minimalist」ライター...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...