「大きすぎるメモ帳」は、立派なインテリアになる。

気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るための「魅せるメモ帳」なんだ。真っ白な壁に、巨大な茶色がよく映える。

木製アイテムとセットで
よりフォトジェニックに。

30d32a0e29226199057728fdc119989b510aff94

「STUDIO ROLLER」は、壁に掛けたままロール部分を引き出して使用するもの。メニューを書き示すなど、カフェとの相性の良さは想像に難くない。でもせっかくなら、一般人の日常に落とし込んで使う方法を考えたいもの。

565b2670a0202ac8b3b08af48f7fb1e418da0230

たとえば、晩御飯の献立を書き出して、家族間コミュニケーションのきっかけにしたり。

350e5436dbe0a7653f36acc7f8f319c3494bcc7d

子どものお絵かき帳や、

83ecdbba3111dad03447608772eca7fe5a0f7aa7

プレゼンテーションの資料として使ったり。

0591739dc7d0075e0dec98c1783b77e4308f5229Aa9b44c1cf63b8941ba6d39a52fa147e74479a48

さらには、一週間のToDoリストを書き出したり。小さなメモ帳よりも、遥かにリマインド力が高そうだ。

702383bd114c9aab4d8af52f5b00a21a6d7c80c5

使い終わったら、こうしてまた新たに引き出そう。

それにしても大きすぎる?
大丈夫。もう一回り小さいサイズもある。

41255b4b608f705bc3b801eef51135a415b764a776dc7fd4eac121efc1dd8485225431411a9f588b

壁のスペースの広さや好みにあわせてチョイスしよう。

77f069dc9146070c456cdf9458ce032f0221b671

価格は20,286円と10,923円で、購入はこちらから。見せることを前提としてメモなので、もし僕が買うなら、まずは字の練習から始めなきゃ。あと、この近くに木製アイテムを置くことが画になるポイント。

Licensed material used with permission by GEORGE & WILLY
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。「私は...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....