2Dから3Dに変身する「スツール」。来客用椅子はハンギングが正解でした

友人を自宅に招いての「家飲み」や「パーティー」。そんなとき、あっちこっちから椅子をかき集めてきたりします。それでも足りないってなれば、アウトドア用の折りたたみ椅子や、とにかく座れるものを用意する、では?

もっとスマートなアイデアがありました。この発想はなかった!

場所をとらずに美しく飾る
来客用スツール

075c86145d9cbdc5b5d66dfb600923df0b70572a

白い無機質な壁を飾るのは、スツールやベンチ。

C0a65074c2ce263bc324235636ba1452383af71d

さっと取り外して、カチッ。

1ca3842296baf781c9b746b2656af83e5743bfde

ちょこんと座ればハイ、椅子の完成〜。

そうなんです。これは、壁面に掛けて収納できるスツール。来客時くらいにしか出番がない、使用頻度の少ない椅子だからこそ場所を取りたくない。結局、スタッキングチェアでも、アウトドア用品でも、どこか部屋のコーナーを潰したり、しまっておくスペースが必要。まさか、ハンギングという手があったとは…。

まるで「飛び出す絵本」
平面(2D)が立体(3D)に

E2cbf99f2e174faee53cb81fe0cd1319a6c93cd2

多くのデザインアカデミーが集まり、今やオランダで最もホットなデザイン都市となったアイントホーフェン。ソウルのデザイン学校からこの地へ渡った、プロダクトデザイナーChoi Jongha氏は、シンプリファイされたものづくりへのこだわりを持つ人物です。

「de-dimension」と名付けたこのスツールは、ご覧の通り平面(2D)から立体(3D)へと姿を変える“折りたたみ”タイプの椅子。

41254874469ff45808e0ddb696e20747f9148ad5

いわゆるパイプ椅子のように、画一的だった折りたたみの方法。Choi氏のプロジェクトは、いかに平面から立体をカタチづくるかというものでした。写真や映像で撮影された視覚の中にある“立体的な平面”、そこから形成されるもののカタチをデザインに落とし込む彼の着想は、飛び出す絵本にヒントを得たんだとか。

ウォールアートとしても
いいんじゃない?

E2780d4341c3bc1c1fd589888d2c841c09aaed39A36cc863efca28f93273b80790e1cfffc1e40220

こんな開発秘話を知ると、ますますモノに愛着が湧いてしまいますが、それを抜きにしても、「壁に椅子を掛けておく」という斬新な発想自体がそもそもナイス。ウォールアート感覚で無機質な空間を飾るもよし。来客時、必要な時だけ壁から外してカチッと椅子を用意できる。

サイズや重さについて全く触れられていないのは、どうやらデザイナーの意向のようで、残念ながら詳細は不明。けれど、これをコンセプチュアルデザインのままにしておくのは、家飲み好き、パーティー好きの人からしてみれば、「もったいない!」って思えてきませんか?

Licensed material used with permission by Jongha Choi
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
最新のテクノロジーを駆使してデザインされたスツール。ユーザーの身長や体重、体型などを考慮して最適なカタチに仕上げたのだとか。
2017年のグッドデザイン賞を受賞しているので、知っている人も多いかも。〈DUENDE(デュエンデ)〉の「BENT STOOL(ベント スツール)」です。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
「Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 毎年、北海に面したドイツ...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
座る時はもちろんのこと、ソファやベッドの横にレイアウトしても収まりがいいし、観葉植物もレイアウトしやすいし、踏み台として上に乗るにも楽ちん。さまざまなシー...
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
ちょっと変わった形のこの椅子。あなたなら、どう座りますか?って、タイトルで答え言っちゃってますが…。背もたれにも見えますが、そう。木馬みたいにまたがって、...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...