「捨てない工夫」がエコで粋なスツールを生み出した

Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 

毎年、北海に面したドイツのビーチには、数万トンにも及ぶ藻が打ちあげられ、その除去処理に膨大な労力が注ぎ込まれている現状。その改善策のひとつとして、ゴミとなってしまう藻を、天然素材のスツールとして再利用するプロジェクトが始まった。

だから、ドイツ語で藻を意味する「Zostera」はそのままスツールの名に。

革新的な素材は
藻×プラスティック

ドイツのプロダクトデザイナーであるCarolin Pertschは、藻の素材化に何度も試行錯誤を繰り返した。そして、ようやくたどり着いた答えが、おもに植物油からなるバイオ樹脂を用いた「エコプラスチック」を藻に混ぜて生成される新素材。

スツールの座面の色合いが、緑からこげ茶までバリエーション豊かなのは、素材の色がそのまま活きているからとのこと。近づいて見ると藻がまるでコルクのように圧縮されているのがよく分かる。こうして、廃棄されるはずだった海岸線の厄介者は、人々の日常へとデザインされた。

“天然のゴミ”に感じた
可能性

Carolinは、このプロジェクトをきっかけに革新的な加工技術に対する人々の意識が変革することを望んでいるようだ。

天然素材と言えど、ゴミはゴミ。けれどそこに可能性を感じて再利用したこと、リサイクルの定義を自然界まで拡大して取り組んだことに、このプロジェクトの大きな意味がある。もし、このスツールに腰を下ろすチャンスがあったなら、家族や仲間たちと身近な環境について、改めてディスカッションするというのも悪くない。

Licensed material used with permission by Carolin Pertsch
andmore
他の記事を見る
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
最新のテクノロジーを駆使してデザインされたスツール。ユーザーの身長や体重、体型などを考慮して最適なカタチに仕上げたのだとか。
2017年のグッドデザイン賞を受賞しているので、知っている人も多いかも。〈DUENDE(デュエンデ)〉の「BENT STOOL(ベント スツール)」です。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
友人を自宅に招いての「家飲み」や「パーティー」。そんなとき、あっちこっちから椅子をかき集めてきたりします。それでも足りないってなれば、アウトドア用の折りた...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
座る時はもちろんのこと、ソファやベッドの横にレイアウトしても収まりがいいし、観葉植物もレイアウトしやすいし、踏み台として上に乗るにも楽ちん。さまざまなシー...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...