生粋のゲーマーだけに座ってほしい「3Dチェア」

ついに、eスポーツ界にIKEAが参入!世界に約20億人いると言われているゲーマーたちが快適なゲーミングライフを送れるよう、同社はアメリカの3Dデザイン会社UNYQと提携して、eスポーツに特化した専用チェアを開発しています。

3D技術を使って一人ひとりのボディをスキャンし、フィットする形にするだけではなく、プロゲーマーたちからアドバイスを得て徹底的に座り心地を追求していくのだとか。

デスクワークをしている人たちなら、椅子の座り心地と、机の高さがどれだけ重要であるかご存知ですよね。椅子によってはすぐ腰が痛くなったり、いつもより疲れたり。座り心地は仕事のパフォーマンスにも影響します。当然、ゲームプレイにもってわけですね。

販売開始は2020年を予定されています。このときばかりは「ゲーマーです」と言い張って、自分だけの最高のチェアをゲットしたいですね。

下の動画では、最初のプロトタイプが発表された時の様子(10分15秒辺りから)を見ることができます。

© IKEA Today/YouTube
Reference: IKEA
Top image: © Gorodenkoff/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
2020年4月、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトにしたホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪に誕生。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...