IKEAが「eスポーツ」をサポートする器具を発表

大会によってはとんでもない額の優勝賞金を獲得できるeスポーツ。それだけポピュラーになってきているということ。とはいえ、まだまだ成長過程にあるのも事実。

ここにビジネス的な勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て、新しいプロダクトを発表。

それが手首の疲労を軽減するリストバンドなどを含むアクセサリ「UPPKOPPLA」。1mm単位でマウスを移動させるプロフェッショナルたちをサポートして、怪我や健康問題の回避に導くシリーズです。

IKEAは2020年から販売を開始する予定。それまでにラインナップを充実させる方針です。

Top image: © IKEA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2020年4月、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトにしたホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪に誕生。
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。