「二度、完成する」テーブルランプ。

 

材料は、紙だけ。

だから、このテーブルランプ、破ったり、ちぎったりできます。

自分の手で「二度目の完成」を

68f9f049dd1756471a659d6ce0a535a87829c2bd

購入するときは、上のかたち。いわゆる、なランプのかたち。もちろん「完成」の状態なので、このままでもとても素敵なテーブルランプです。

これをあなたの手で、「二度目の完成」状態にしましょう。

940ca5d89d2432c3fb8856f6915e084fd1318273

「破る・ちぎることができる」、「光を透過する」。

紙という素材の本質を、この『TEARABLE LAMP』で存分にたのしんでください。紙パック容器をつくる技術(モールド成型)により、繊維の不規則な絡まりでかたちづくられたランプは、通す光に独特なアクセントをもたらします。

美しいのは
すこし歪で、脆さがあるから

Db38ae38c1ada2cbc77b49fe92dc88cfe3c35567

自分の手と偶然がつくりだした「かたち」から放たれるのは、すこし歪で、脆さを持つ光。整っていなくて、美しくて、やさしいのです。

リビングのソファサイドや、ベッドサイドに、ひとつずつ置いてもよいかもしれません。たくさんちぎって明るめに、すこしだけちぎって暗めに、光量に変化をつけてみてくださいね。

まだまだ寒くて夜が長いこの季節を、特別なものにかえてくれるはずです。

Licensed material used with permission by knot
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
植物を育てるという命を育む行為によって、無機質な社会で日々過ごしている都会暮らしの現代人の荒れ果てた心に、少しばかり癒しをもたらしてくれそうです。
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんで...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
お金を入れないと点灯しない仕様。むか〜し旅先にこんなテレビがあった気がしますが、光やエネルギーの価値について改めて考えさせてくれる、ちょっと不便なところが...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...