つねって叩いてスイッチオン!おしり型ランプ「Slap It」

おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。

一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、WEBサイトによればこの証明は部屋をぼんやりと照らすルームランプを主な使用目的としているようです。

つねったり揉んだりしても点灯するようですが、商品名が「Slap It(叩いて)」なだけに平手打ちがこの商品の醍醐味と言えるのかも!

つねって、叩いて
スイッチオン!

素材はシリコン製。手触りもよいのだとか。10種類のカラーバリエーションがあり、日本で注文する場合、送料込みで173ポンド(約32,000円)から事前予約ができます。

動画で確認すると、その使用感がどんなものかをより生々しく知ることができます。ただの機能説明とは思えぬシュールな世界観は必見です。

目の前にあったらやっぱり叩きたくなるのでしょうか。Sっ気たっぷりなあなたにはピッタリなアイテムかも?

Reference:RussianGirlx
Licensed material used with permission by Slap It
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
お尻好きが本気で開発した枕。2019年頭に、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で目標金額の600%以上に達し現在も発売中。人間工学に基づい...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
イスラエル発のカスタマイズ可能なランプ「PersonaLight」のクラウドファンディングが開始。
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
「HAPS(High Altitude Platform Station)」と呼ばれる空飛ぶインターネット基地局がナイロビ上空を飛行中。「Alphabet...
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
照明からスピーカーまで、これまでさまざまな“雲”を世に送り出し、その度に注目を集めてきた「Richard Clarkson Studio」。そんな彼らが最...
2019年7月25日、東京都港区に24時間完全無人の宿坊「Temple Hotel正伝寺」がオープンした。この宿坊は「お寺×IT」の力でお寺の存続危機を救...
以前は友だちとのテキストメッセージが息抜きだったのに、最近面倒になって後回し…。そこには「今」の世情が関係していた!
5月、緊急事態宣言中、UberEatsで月収100万円。こんなウソみたいなことを成し遂げたのが、大村達郎という人物だ。メディアにも出演しない彼にたくさんの...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
「IKEA」と「SONOS」がコラボレーションし世界中で話題となった「SYMFONISK テーブルランプWiFiスピーカー付き」がついに日本で発売。
米メディア「Elite Daily」のライターSean Levinson氏は、男性がおしりを好きなのには、科学的根拠があると書いています。男性が大きなおし...